【映画批評 過去記事から】
K-20 怪人二十面相・伝2008年/シネスコサイズ/2時間17分
■企画・制作プロダクション:ROBOT
監督・脚本:佐藤嗣麻子 原作:北村想
撮影:柴崎幸三
照明:水野研一
美術:上條安里
VFXディレクター:渋谷紀世子
編集:宮島竜治
音楽:佐藤直紀
脚本協力・VFX協力:山崎貴
VFXプロダクション:白組
出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼
   高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹
   鹿賀丈史


 サーカスの曲芸師・遠藤平吉は、ある日サーカスを見に来
ていた紳士から、羽柴財閥の令嬢・羽柴葉子と名探偵・明智
小五郎との結納の儀に潜入し、写真を撮ってきてほしいとい
う依頼を受ける。報酬につられ引き受けた平吉だが、それは
帝都を賑わせている怪盗「怪人二十面相」の罠だった…

d(>_<  )Good!!(2009/06/27)
関連記事
BALLAD■2009年/シネマスコープサイズ/2時間12分
■制作:ROBOT VFX:白組
監督・脚本・VFX:山崎 貴
原案:映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』
  (原作:臼井儀人/監督・脚本/原 恵一)
撮影:柴崎幸三 照明:水野研一
美術:上條安里 編集:宮島竜治
音楽:佐藤直紀
出演:草彅 剛、新垣結衣、武井証、大沢たかお
   夏川結衣、筒井道隆、吹越満、吉武怜朗、波岡一喜
   菅田俊、小澤征悦、斉藤由貴、香川京子、中村敦夫

関連記事
しあわせのかおり■2008年/ビスタサイズ/124分
監督・脚本:三原光尋
撮影:芦澤明子
照明:金沢正夫
編集:宮島竜治
音楽:安川午朗
出演:中谷美紀、藤竜也、田中圭
   下元史朗、木下ほうか、山田雅人
   甲本雅裕、平泉成、渡辺いっけい
   八千草薫


 古都・金沢の港町にある小さな中国料理店。中国出身の名
料理人・王さんが丹精込めて作る料理はどれも美味しい逸品
ぞろい。ところがある日突然、王さんが病に倒れ、体の自由
が利かなくなってしまう。そんな王さんに協力を申し出たの
は、交通事故で夫を亡くし、幼い娘とともに故郷の金沢へ戻
ってきていた貴子だった。
d(>_<  )Good!!(2010/03/13 蠍座)
関連記事
松ヶ根乱射事件■2006年/ビスタサイズ/1時間52分
監督:山下敦弘
脚本:佐藤久美子、向井康介、山下敦弘
撮影:鳶井孝洋
照明:疋田ヨシタケ
編集:宮島竜治、菊井貴繁
音楽:パスカルズ
出演:新井浩文、山中崇、川越美和、三浦友和
   烏丸せつ子、木村祐一、キムラ緑子、榎木兵衛
   西尾まり、安藤玉恵、康すおん、光石研
   宇田鉄平、でんでん

関連記事
時をかける少女(2010)2010年/ビスタサイズ/2時間2分
監督:谷口正晃
原作:筒井康隆
脚本:菅野友恵
撮影:上野彰吾
照明:赤津淳一
編集:宮島竜治
音楽:村山達哉
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美
   青木崇高、石橋杏奈、勝村政信
   石丸幹二



関連記事
蛇イチゴ■2003/ヨーロッパビスタサイズ/108分
■制作:テレビマンユニオン
監督・脚本:西川美和
撮影:山本英夫
編集:宮島竜治
音楽:中村俊

出演:宮迫博之、つみきみほ、平泉成
   大谷直子、手塚とおる、絵沢萠子
   寺島進、蛍原徹、笑福亭松之助

 
関連記事
ゆれる■2006/ビスタサイズ/119分
監督・原案・脚本:西川美和
撮影:高瀬比呂志
照明:小野晃
編集:宮島竜治
出演:オダギリジョー、香川照之
   伊武雅刀、新井浩文、真木よう子
   木村祐一、田口トモロヲ、蟹江敬三

 東京でカメラマンとして成功している猛は、母の一周忌で
帰省する。実家のガソリンスタンドを継いだ兄の稔や、そこ
で働く幼なじみの智恵子と再会した猛は、3人で近くの渓谷
に行くことにするが、彼が単独行動している間に、渓谷にか
かる吊り橋の上にいた智恵子が転落してしまう。そしてその
時そばにいたのは稔ひとりだけだった……

d(>_<  )Good!!(2010/10/06)
関連記事
■2012/アメリカンビスタ/111分
■制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
監督・脚本:矢口史靖
脚本協力:矢口純子
撮影:柳島克己
照明:長田達也
美術:新田隆之 ロボットデザイン:清水 剛
編集:宮島竜治
音楽:ミッキー吉野
出演:五十嵐信次郎、吉高由里子
   濱田岳、川合正悟、川島潤哉
   田畑智子、和久井映見、小野武彦
映画公式サイト→

家電メーカー・木村電器の落ちこぼれ社員、小林・太田・長
井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの
開発を命じられていた。ところが製作途中のロボット「ニュ
ー潮風」はロボット博を目前に大破してしまう。窮地に追い
込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて急場をしのご
うと計画、ニセのオーディションの末、73歳の鈴木が選ば
れたのだが…

■思っていたより面白さが弾けなかった。矢口作品にしては
なにかまとまりに欠け、ギクシャクした感。鈴木や3人組の
行動にも興が乗らず、唯一、吉高由里子のコメディエンヌぶ
りが光っていた。
(。・ˇ_ˇ・。)ムム… (天動説 2013/01/20)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
キラーヴァージンロード■2009/アメリカンビスタ/97分
■制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
監督:岸谷五朗 原案:片岡英子
脚本:岸谷五朗、川崎いづみ
撮影:江原祥二
美術:清水剛
照明:吉角荘介
編集:宮島竜治
音楽:大崎聖二
出演:上野樹里、木村佳乃
   寺脇康文、眞木大輔、小出恵介
   田中圭、中尾明慶、小松彩夏
   北村一輝、北村総一朗

幼い頃からツイてない沼尻ひろ子(上野樹里)は、ついに幸せ
な結婚にこぎつけるが、式の前日、アパートの大家を誤って
殺してしまう。死体を隠す為に、車で富士の樹海を目指すひ
ろ子。そこで、美人なのに男運がまるでなく、自殺を試みる
もなかなか死ねないでいる女・小林福子(木村佳乃)と出合う。
ひろ子は「自分を殺してくれること」を条件に手を貸すとい
う福子と2人、死体を隠すための逃避行を始めるが…

 やりたい放題・奇想天外な演出で、何度観てもハチャメチ
ャな映画だが、舞台演劇的なテンションとタイミングで突き
進むストーリーを、無理矢理イイ感じに辻褄あわせてしまう
作劇の強引さはとことんくだらなくて面白い。脱力感全開の
上野樹里とやり過ぎ感満点の木村佳乃のコンビの珍道中の愉
快さは、思わずついつい観入ってしまう。
 ブラックコメディをポップに味付けしたような、ざっかけ
ない「ジャンクフード」感によって、本作はあまり褒められ
ることのない作品なのかもしれないが、どこか憎めない、愛
すべき映画である。
d(>_< )Good!!(天動説 再2013/02/15)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


関連記事
ALWAYS 三丁目の夕日’64■2012/シネマスコープ/144分
■制作プロダクション:ROBOT
監督・VFX:山崎貴
原作:西岸良平
脚本:山崎貴、古沢良太
撮影:柴崎幸三
VFXディレクター:渋谷紀世子
美術:上條安里
照明:水野研一
編集:宮島竜治
音楽:佐藤直紀
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子
   堀北真希、須賀健太、小清水一揮
   もたいまさこ、森山未來、大森南朋
   高畑淳子、米倉斉加年、三浦友和

高度経済成長と東京オリンピックに日本中が沸いていた昭和
39年、東京・夕日町三丁目に暮らす人々も活気にあふれてい
た。鈴木オートの則文(堤真一)は事業を軌道に乗せて毎日
が順調、小説家の茶川(吉岡秀隆)とヒロミ(小雪)の間に
はまもなく新しい子どもが産まれる予定だ。しかし、そんな
中、大きな転機を迎える人もいて……

『ALWAYS』シリーズ第3作。シリーズを重ねることで生
まれた俳優陣のチームワーク、より完成度を高めるVFXの相
乗効果で、前作を上回る安定感を見せる。画面の密度もぐ
っと高まっている。
 今作では、第一作で鈴木オートに就職しにやってきた六子
(堀北真希)と、茶川家に引き取られた淳之介(須賀健太)
という、それぞれ「外部から来て、家族になった」二人が、
その「家族」から巣立っていくというストーリーを軸に、人
々の一喜一憂が描かれていく。俳優自身の「成長」という実
際の時間経過も功を奏して、説得力のあるドラマが展開、す
べてが「シンプル」だった時代の人々の目を通して、「幸せ
とはなにか」というテーマがストレートに問いかけられる。
d(>_< )Good!!(天動説 2013/02/15)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
幕末高校生■2014年/ヴィスタサイズ/108分
■制作プロダクション:東映京都撮影所
監督:李闘士男
脚本:橋部敦子/原案・協力:眉村卓「名残の雪」
撮影:藤石修
録音:松陰信彦
編集:宮島竜治
音楽:服部隆之
出演:玉木宏、石原さとみ
   柄本時生、川口春奈、千葉雄大
   谷村美月、吉田羊、渡辺邦斗
   柄本明、隆大介、山崎銀之丞
   中村育二、篠井英介、井上肇、嶋田久作
   伊武雅刀、石橋蓮司、佐藤浩市

 1868年、幕末。江戸では、新政府軍と幕府軍の戦いが始
まろうとしていた。国内での無益な戦いを避けるべく西郷隆
へ和平の親書を送った勝海舟は、ある日「未来からやって来
た」という高校教師・未香子とその教え子・雅也と出会う。
未香子らは、同じく江戸時代に来ているはずの教え子、恵理
・慎太郎を探し出し一緒に未来へ帰りたいというのだ。未来
で「歴史」を教えている未香子は「江戸で戦は起こらない」
と言い切るが、その「歴史」はすでに狂いが生じていた。こ
のままでは歴史が変わって、未香子たちの未来はなくなって
しまう!未香子たちが現代に戻るタイムリミットは4日。西
郷の軍勢が江戸城に迫る中、勝と未香子たちの運命は?


d(>_<  )Good!!(2016/09/04)
関連記事
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top