【映画批評 過去記事から】
細野辰興(ほそのたつおき)
 映画監督。神奈川県出身。
 76年、獨協大学外国語学部を卒業後、横浜放送映画専門
学院(後の日本映画学校、現・日本映画大学)に進む。同校
・研究科修了後、今村プロダクション映像企画を振り出しに、
主にディレクターズ・カンパニーで助監督時代を過ごす。
 90年『東京上空いらっしゃいませ』のチーフ助監督を最
後に監督業へ移行、90年、関西テレビ/ディレクターズ・
カンパニー製作のテレビドラマ、『DORAMADAS/世
にも不幸な物語』を初演出。続いて91年、映画初監督。

 以後、骨太な作品を数々発表。96年『シャブ極道』ではそのタイトルを巡って、映倫
により性描写以外の理由による初の成人映画指定となり、物議を醸す一方、その破天荒な
世界観とドラマ演出が各種映画ベストテン等で絶賛、高評価される。
 舞台演出も手掛け、創作ユニット「スタニスラフスキー探偵団」を主宰、90年より日本
映画大学(旧・日本映画学校)の専任講師を務めて後進の育成にも力を入れている。

李相日映画祭り さんいる/1974年新潟県生。映画監督。

神奈川大学経済学部卒業後、日本映画学校に
入学し映画を学ぶ。
卒業制作作品『青~chong~』が「ぴあフィ
ルムフェスティバル」でグランプリを含む
史上初の4部門を独占。東京での8週間の
ロングランを始め全国各地で劇場公開され
た。『フラガール』では、第30回日本アカ
デミー賞最優秀作品賞、『悪人』で第34回
日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。

↑2011年11月19日〜25日 札幌シアターキノにて



■女優。1975年6月9日生まれ 東京都出身 
■88年に芸能界入り。数々のCMで注目を浴び、91年の
「ぼくらの七日間戦争2」で主演、本格的女優デビュー。
93年のドラマ「愛はどうだ」は各方面で高い評価を得る。
 以降、その確かな演技力でTV・映画・舞台など本格派女
優としてキャリアを重ねる。ナチュラルでリアリティを感じ
させる堅実な演技で観るものに強い印象を残す女優である。
市川実和子
■いちかわ みわこ
 女優、ファッションモデル、歌手。
 1976年3月19日生 東京都出身。パパドゥ所属。
 街角でスカウトされファッションモデルとしてデビュー。
91年頃から多くのファッション雑誌のグラビアを飾り、カ
リスマ的人気を得る。98年には大瀧詠一プロデュースで歌
手としてもデビュー。00年頃から映画とTVドラマを中心
に活動。独特の空気感を醸し出す、不思議な魅力を持つ女優。
 同じ女優である市川実日子は実妹。
・SONY MUSIC サイト→
・インタビュー:市川実和子(livedoor 2009)
      「偽りなく応えられるような大人になりたい」


■映画監督。1958年10月1日生 大阪府堺市出身。
 生家の向かいに東映の映画館であったことから、幼少期よ
り映画に親しむ。横浜国立大学在学中、石井聰亙監督の「爆
裂都市/BURSTCITY」(82)に美術スタッフとして参加、これ
をきっかけに映画の現場と関わるようになり、川島透監督の
「竜二」や井筒和幸監督作品の撮影現場に参加し、助監督、
製作担当、脚本などさまざまな経験を積んだ。
 そのかたわら、自主映画を制作し、89年の『どついたるね
ん』で監督デビュー。芸術選奨文部大臣新人賞、日本映画監
督協会新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞など数々の映画
賞を受賞。
 以後コンスタントに作品を発表、00年の『顔』ではキネマ
旬報ベストワンや日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。
 ハードボイルドな活劇映画には欠かせない監督。




■映画監督、脚本家。1961生 山梨県出身。
■駒沢大学時代に自主映画を監督、8ミリ第1作『エリザベ
ートの追憶』(83)、『Quiet No.6』(84)を監督。第3作『み
どり女』(85)でPFFアワード86入選。その後8ミリ『雲が聴
いた』(87)を監督。ディレクターズ・カンパニーに参加、当時
先輩助監督だった細野辰興に誘われ、『大阪極道戦争/しの
いだれ』(94)の脚本執筆。以降『シャブ極道』(96)『恋極
道』(97)『少女~an adolescent」(01)『笑う蛙』(02)
『T.R.Y.』(03)『るにん』(04)『クライマーズ・ハイ』
『築地魚河岸三代目』(08) などの脚本を手がけ、『油断大
敵』(93)で初監督。13年、新作『草原の椅子』と同時期公開
の『脳男』では脚本(真辺克彦との共作)を手がける。

【東映マイスターVol.11 成島出監督インタビュー】



菜葉菜さん菜葉菜(なはな)7月17日 東京都出身
 T-ARTIST所属(→PROFILE
 メジャー、インディーズ問わず、多種多様な
映画で役を演じる。内面からキャラクターを表
現する故、作品ごとに印象は千変万化。









ペ・ドゥナ
ペ・ドゥナ(배두나、裵斗娜、Bea doona)
1979年10月11日、ソウル特別市出身
HMGエンタテインメント所属
漢陽大学校演劇映画科中退。2006年より建国大学校芸術文化
学部在学中。
 19歳のとき、衣料カタログのモデルとしてデビュー。その
後、ファッション雑誌のモデルやCMモデル、テレビタレント
を経て、1999年、日本映画の韓国リメイク版『リング』で貞
子役を演じ、映画女優としてデビュー。

【WEB】http://www.doona.net/



Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top