【映画批評 過去記事から】
札幌国際短編映画祭「第5回札幌国際短編映画祭」
2010/10/8、10/11
大通:ホワイトロックシアター
日本人監督特集「国内作品B」


 短編映画になぞらえて、短く映画
評を書きました。
 同プログラム、都合2回観ました
が、楽しかったです。



『FACE TRIP』(10) 05:35
 監督:大野祐輝
…405日間かけてアジアを旅した顔のセルフショットを編
集した作品。
 旅の過程で微妙に変化する顔が、パラパラアニメ的に変化
していく。時間と空間が「顔」の中に凝縮しつつ炸裂する、
ユーモア感覚に溢れた秀逸なドキュメント映画。




『こまねこのクリスマス』(09) 20:00
 監督:合田経郎
…もうすぐクリスマス。こまちゃんは遠く離れて暮らすパパ
とママに会いに行こうとするが…

 人形アニメーションの手法が、CGでは出しにくい「温か
み」を感じさせる。こまちゃんがとてもキュート。
 小さな冒険が生み出す小さな感動。でもそれだけに忘れ難
い印象を残す作品。




『KARAKURI-カラクリ-』(10) 0:15:58
 監督:石田肇
…日本古来の意匠を継承した架空の未来。義手の男と彼を狙
う謎の女。繰り返される闘いの行方は…
 水野美紀の殺陣が冴える好編。監督1人で制作したという
CGを含め、映画的な映像センスが随所に光る。アクション
がドラマと不可分で、渾然一体となっている点に注目。




『ゲルニカ』(10) 21:00
 監督:片岡翔
…忘れないで、と言い残して少女はいなくなった。のこされ
た少年は、絶望から逃げずに少女の家へ向かう。
…静謐な空間で物語は訥々と語られるが、退屈な感が拭えな
かった。「コトバ」で説明するより、もっと「映像的」に撮
ってほしかったなぁ、と思う。




『waiting for..』(09) 03:54
 監督:蓑輪俊介
…狭い車中に男が二人。強盗の彼らは金を持った仲間の到来
を待ちわびていた。

 ワンアイデアをシャープに描いたシチュエーション・コメ
ディ。車内での会話劇がとにかく面白く、そのリズムが映画
とぴったりシンクロしている。映画そのものも、短い時間の
中で弛みがなく、終始歯切れがいい。ぜひ手短なところにダ
ウンロードして、ことあるごとに観たい作品      ■




『自転車』(09) 21:17
 監督:ディーン・ヤマダ
…失望する主人公、彼の大切な自転車のパーツが次々と消え
ていく。そして届く一通の手紙…。

 人生の出来事を「自転車」になぞらえるアイデアが秀逸。
 失ったパーツを探し出す過程を、ほのぼのとしたユーモア
とともに穏やかな映像で描く人生賛歌。ラスト、再び「自転
車」をこぐ主人公の晴れやかな表情が、映画のラストに相応
しく眩しい。                    ■



(天動説:映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『おにいちゃんのハナビ』 君がいた夏、僕たちがいる夏。
Entry TAG
札幌国際短編映画祭  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO TRIBE トーキョー・トライブ』 Nov 07, 2017
『グラスホッパー』 Nov 06, 2017
『さよならドビュッシー』 Nov 05, 2017
『破裏拳ポリマー』 Nov 05, 2017
『青い青い空』 Nov 03, 2017
『バトルトラック』BATTLE TRUCK/WARLORDS OF THE 21ST CENTURY Nov 02, 2017
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top