【映画批評 過去記事から】
 いろいろ観た映画を短くコメントする企画、2010年9
月分(Part2)です。
 ツイッターで書き留めていたキーワードを下敷きに、加筆
修正してまとめています。エントリ記事では評価したい作品
以外は取り上げていませんが、ここでは基本的に観た映画す
べてにコメントしています。
 後日、個別エントリにブローアップするかもしれません。



■9/15『日本異端映画暗黒史 第一章』
『一寸法師』(55 内川清一郎)
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(69 石井輝男)
異端映画 特集上映での2本立て。長い間念願だ
ったこのカルト作品を、やっと鑑賞。
 『恐怖奇形人間』は良い意味で東映映
画丸出しで、映画としては無茶苦茶なの
だが、土方巽の圧倒的迫力、怨嗟と狂気
と悲哀が渦巻く異様な展開、突然の明智
探偵の推理劇に惹き付けられる。そして
衝撃の破壊的ラスト、まさに奇怪にして
哀愁漂う幻想美。(札幌 蠍座)

恐怖奇形人間 『一寸法師』は宇津井健が探偵かと
思いきや、さにあらず。でも意外と真
っ当な推理ミステリーとして展開。
 一寸法師と警官隊との逃走追跡劇の
ダイナミズムも面白い。ラスト、一寸
法師の目に浮かぶ涙の美しさが予想外
の感動を呼ぶ。(札幌 蠍座)


■9/17『東京ゾンビ』(05 佐藤佐吉)
東京ゾンビ 多分、この脱力的でとぼけたタッチや
オフビートな感覚が面白いとされている
のだろうことは判らなくもないが、しか
しながら、どうしても「なんとなく撮っ
た画を何となくつないだ」風にしか思え
ず、最後まで退屈な作品に終わってしま
った。 (天動説)



■9/18『海猿』(04 羽住英一郎)
海猿 海上保安庁・機動救難隊員を目指して
奮闘する若者たちを描く。ハリウッド映
画など、先行する同系統の作品が多々あ
る中で、ストレートに展開するドラマは
いかんせん起伏に乏しく平板な印象で、
そこを越えていく「何か」に欠けている。
 全体的に「なんとなく」感が漂うのが
非常に残念…。(天動説)



■9/19『天使の恋』、9/26『~・運命編』(04 寒竹ゆり)
天使の恋 ストーリー的には『恋空』と同じパタ
ーンで、やや「なんとなく」感が漂うも
のの、映画的にはまったく様相が異なっ
ていて、ハッとする良いショットも多く
佐々木希のぶっきらぼうな演技がフレー
ムの中に放り込まれる時、そこで起こる
映像的な化学反応が映画的な輝きとなっ
てすこぶる魅力的。地上波放送用に前後
篇に編集されているので断片的にしか観
てない…という問題はあるけれど、おそ
らく全編通して観てもその評価は大きく変わらないと思う。(天動説)




■9/20『小さき勇者たち ガメラ』(06 田崎竜太)
小さき勇者たちガメラ 小さな地方の港町を舞台に描かれる少
年とガメラの交流。前シリーズが意図的
に切り捨ててきた「ファンタジー/ジュ
ブナイルとしての怪獣映画」に挑んだ物
語は、等身大の子供たちの日常、親子の
葛藤、普通の人々の暮らしを丹念に描い
ていて見応えがあり、子供たちの「意思
の力」が、ガメラに新たなエネルギーを
与えるという作劇が一層感動的に際立つ。

 敵怪獣ジーダスがまったく予備知識も説明もないまま、日
常世界に突如登場する(怪獣=天災という図式を再解釈、市
井の人々の視点から描く)インパクトは凄いし、画面縦方向
に展開する斬新なアクション、特撮シーンを全ショット、白
昼に設定して展開するパノラミックな画面は、怪獣バトルを
クリアかつダイナミックに描きだす。
 嫌みなのない主人公、隣家に住む気丈な少女、それぞれの
父親、そして小さなケヅメリクガメ。それぞれが相互にしっ
かりつながり合う本作は、怪獣映画というジャンルを越えて
まさしく「愛と勇気の冒険物語」である。(天動説)



■9/20『50回目のファーストキス』(04ピーター・シーガル)
 記憶が一日しか持たない女性に恋した
男の奮闘を描く、いたってクラシカルで
正統的なアメリカン・ラブストーリー。
 繰り返される同じ日常を、あの手この
手で楽しませ、あるいは楽しもうとする
努力は、実はそのまま我々の日常生活に
も当てはまる教訓なのではないか。「物
語」としての特権を行使して、状況を突
破していく主人公たちのバイタリティは
きわめて「映画」的で、新奇なものにば
かり目を奪われる現代社会の愚かさを皮肉られたようで、なん
だか悔しい。(天動説)




■9/24『The焼肉ムービー プルコギ』(07 グ・スーヨン)
プルコギ 松田龍平、山田優、田村高廣、ARATA
他、俳優陣は豪華だが、映画はサッパリ
面白くない。今更、テレビ番組で料理対
決というストーリーもどうかと思うし、
作品全体が平板で「なんとなく」シーン
が連なっていくばかりで、映像にもドラ
マにもリズムが感じられない。なにより
「焼肉」というモチーフが何ら映画的に
活かされていないし、食欲を刺激するこ
ともないのが致命的。山田優のキャラク
ターが時折、映画的な匂いを醸し出すが、人物関係の不明瞭さ
に埋もれてしまっている。(天動説)




■9/26『ROOKIES-卒業-』(07 平川雄一朗)
ルーキーズ 劇場へ行った人は、TVドラマの延長
線上の『ROOKIES』という「物語」を
求めていたわけで、必ずしも「映画」を
求めていた訳ではない。本作はまさにそ
の意図のもとに作られている。それ故に
前半部分はTVドラマ手法そのままに撮
られていて、映画のフレームの中で観る
と終始ダイジェスト的で大雑把な印象が
拭えない。
 しかしストーリーの肝である甲子園に
舞台を移してから、とりわけ五十嵐隼士が変な格好でバットを
当てた辺りから、画面は漫画的な活力を帯びて、俄然面白くな
に近づけていく。「この瞬間」だけにすべてを賭けるチームの
吹きこぼれるような熱さが、ドラマと映画自体を「その瞬間」
だけ熱いものに変えるのである。
 過熱する試合(ドラマ)を冷静に分析する渡部篤郎の存在が
ラジエーターとして映画の「熱暴走」を抑えているのがすこぶ
る愉快だ。(天動説)



↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
札幌国際短編映画祭
Entry TAG
2010鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top