【映画批評 過去記事から】
 いろいろ観た映画を短くコメントする企画、2010年9
月分(Part1)です。
 ツイッターで書き留めていたキーワードを下敷きに、加筆
修正してまとめています。エントリ記事では評価したい作品
以外は取り上げていませんが、ここでは基本的に観た映画す
べてにコメントしています。
 後日、個別エントリにブローアップするかもしれません。


■8/31『天国と地獄』(63 黒澤明)天国と地獄
 誘拐犯と被害者、事件を追う捜査員た
ちが織りなすドラマ。日本を舞台にしな
がらも、情緒的で日本的な空気感のない
徹底的に乾いたタッチ。こういう作劇を
晩年まで貫いてくれていたら、黒澤明ア
レルギーにもならなかったのになぁ…と
残念に思う。個人的には『パトレイバー
2』や『踊る大捜査線』などへの影響が
判って興味深かった。(天動説)



■8/31『ALWAYS 三丁目の夕日』(05 山崎貴)
ALWAYS 東京タワー建造中の昭和の時代を舞台
に、普通の人々の日常の喜怒哀楽を優し
く見つめる作品。
 監督の作品には『時空間』(時間の流
れる空間/空間に流れる時間)というモ
チーフが一貫して描かれていて、前2作
(『ジュブナイル』『リターナー』)で
は「未来からの来訪者」との交流が主軸
になっていたが、今作では映画のカメラ
(つまり観客そのもの)が来訪者となる
逆転の作劇が成されている。言わば、タイムスリップを「映画
体験」として表現してみせたということであり、その「別世界
への訪問」感覚が、この作品の面白さの真髄でもある。
 その意味で本作は一種のSF映画と言えるかもしれない。(天動説)




■9/1デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(00 細田守)
デジモンアドベンチャー 『ポケモン』の二番煎じのイメージが
強かったせいで一度も観た事がなかった
が、存外アクチュアルな作りで、大ウソ
を突き通すための小さなウソの丹念な積
み重ねが効果的。
 現実と仮想現実とを並列な世界として
許容できる「自由な精神」が世界を救う
物語。デジモンが進化するように、本品
のテーマはより緻密に練り込まれて『サ
マーウォーズ』へと進化する。(天動説)




■9/1
『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(05 細田守)
ワンピース 原作も未読ならテレビアニメも未観、
元の基本設定をまるで知らないのにも関
わらず、変幻自在の映像の面白さと、一
気呵成に突き進む躍動的なドラマで、丸
ごと楽しめてしまう。アニメーションな
らではの表現の優位性が十全に発揮され
た本作は紛うことなき「映画」である。
 アニメーションは「漫画」ではなく、
「映画」なのだという事を再確認。(天動説)




■9/1『告白』(10 中島哲也)
告白 想像を越えるドラマと予想を裏切る展
開の面白さ。冒頭の教室シーンからいき
なり本題に入っていく展開には、観てい
るコチラ側も生徒と一緒に教師・森口の
話を聴いている気分になり、するすると
物語に引き込まれてしまう。
 犯人探しのミステリーと心理サスペン
スをミキシングした作劇は、超現実的な
映像表現をプラスして終始トリッキーで
面白いし、編集のリズムも素晴らしかっ
たと思う。
 森口が「教師」という姿勢を崩さずに、短絡的なただの復讐殺
人犯に堕する事なく、如何にこの不条理な「世界」に切り込んで
いったのか。この「命」を巡る究極のドラマは、戦慄的であるが
故により重く胸の奥に刻まれる。
 ピリピリと緊張する空気の中で崩壊していく母親を圧倒的に演
じる木村佳乃にも注目したい。(天動説)




■9/1『ボーン・アイデンティティー』(02 ダグ・リーマン)
ボーン・アイデンティティー 予想外に地味な印象だったが…シリー
ズを続けてみる時に改めて再観してみた
い。(天動説)




■9/4『キャプテントキオ』(07 渡辺一志)
キャプテントキオ コメディなのかシリアスなのか、ポイ
ントが定まっていなくて消化不良だし、
全体的に作りがぞんざい過ぎる。せめて
主人公(ウエンツ瑛士、中尾明慶)の二
人のドラマがエネルギッシュにハジケて
いれば良かったのだが、些か大人しすぎ
る。いしだ壱成や渋川清彦が出ているの
にあまり活かされていないのも勿体ない
限り。(天動説)



■9/8『それでも妻は登った』(03 吉野和彦)
画像準備中… ビデオ撮影による自主製作の短編映画
である。そしてこのタイトルが作品のす
べてを言い表している。
 趣味で山を登る妻の姿と山の風景をひ
たすら撮り続ける夫。…妻は山を登る。
「私」も登る。ビデオカメラも登る。ひ
たすら登る。そしてその繰り返しが異様
な迫力を帯びてきた瞬間、映画はドラマ
チックな未知の領域へと突き抜ける。そ
れまで観ていた映画が目の前でぐるりと
感動的に変貌するというスペクタクル。
「映画は体験である」とするなら、この作品を観る事はまさに得
難い体験である。(天動説)




↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
【映画鑑賞記録】2010年9月(Part2)
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
『オーバーフェンス』 May 05, 2017
『ブルーハーツが聴こえる』 May 01, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top