【映画批評 過去記事から】
必死剣鳥刺し■2010年/サイズ/カラー/114分
監督:平山秀幸
原作:藤沢周平
脚本:伊藤秀裕 江良至
撮影:石井浩一
照明:椎原教貴 美術:中澤克己
編集:州崎千恵子
音楽:EDISON
出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂
   関めぐみ、村上淳、小日向文世、岸部一徳



 藤沢周平の時代小説「隠し剣」シリーズの一編を映画化し
た時代劇。
 3年前、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は
藩主の失政の元凶である愛妾を城中で刺殺するが、寛大な処
分によって再び藩主に仕えることに。亡妻の姪であり、身の
周りの世話をしてくれる里尾(池脇千鶴)との日々の中で生
きる力を取り戻す三左ェ門だったが…。

 冒頭、城中での三左ェ門の事件をまず描き、続いて謹慎と
なった1年間の流れの中で、回想を交えつつ事件の発端から
状況説明を過不足なく描く。同時に、村の四季の移り変わり
や三左ェ門の世話係を務める里尾の心情を細やかに捉えると
いうきわめてオーソドックス、奇を衒わない脚本の確かさが
光る。
 一方、それを具体的な形にする映像の繊細さ、美しさも素
晴らしい。どっしりと構えてブレのないカメラには往年の時
代劇の香りを感じるし、屋内屋外を問わず、自然光のイメー
ジを再現する照明、淡々とした日常生活から決死の活劇まで
適切なリズムでつないでみせる編集など、全編にわたって各
パートの職人技が冴えている。それを統括する演出は、物語
の持っているテンポを崩さない一貫性が見事で、時代劇の所
作、リアリティにこだわりながらも、心地よいリズムでカッ
トを割り、無駄のないショットで物語を誠実に紡いでいく。

 一度は死を覚悟した三左ェ門と、そんな彼を慕い続ける里
尾。生きることの意思と力強さを、二人は次第に意識し合い
共有していく。鳥の像を彫ること、庭に畑を耕すこと、そし
て淡々と食事を摂ること。ひとつひとつの映像が二人の心情
を丁寧にしっかりと描き込んでいく。とりわけ「味噌汁」の
シーンは、豊かな感情表現と的確な演出が相まって、二人の
ささやかな心の交流が描かれた秀逸な場面である。

 豊川悦司は運命に翻弄される一介の武士の様々な状況をス
トイックに演じて説得力を感じさせ、池脇千鶴は密かに三左
ェ門に想いを寄せる、健気で力強い女性像を背伸びせずに好
演する。台詞に頼らず、微妙な表情のニュアンスで感情を表
す演技の素晴らしさは、映像的にも豊かで観ごたえがある。
 また、三左ェ門と戦うことになる隼人正役・吉川晃司がみ
せる、骨太で綻びのない、堂に入った演技も必見である。

 やがて三左ェ門は謹慎を解かれ、職場に復帰することを許
されるのだが、武家社会のルールが生み出す不条理、理不尽
な仕打ちに翻弄され、やがて皮肉な運命を前に、再び三左ェ
門の刀が抜かれることになる。
 そのラスト15分に繰広げられる壮絶な死闘は、従来の殺
陣とは様相が異なり、生きるか死ぬかの殺し合いの表現、斬
る者・斬られる者、殺意とためらいが入り交じった究極のリ
アリズムで描かれ、まさに圧巻。CGに頼らない血のりによ
る血飛沫や血だまりの表現へのこだわりは、「血のりですら
演技している」と言っても過言ではない、圧倒的な迫力に満
ちている。

 男はあくまで武士としての覚悟とともに生き、女はそれを
承知で女としての覚悟を決める。「生きること」と「死ぬこ
と」の絶対の狭間の中で、幾つもの運命が交錯する。
 単なる勧善懲悪ではない骨太なドラマと、けっして添え物
ではない男女の恋愛ドラマ、そして傑出した迫力の殺陣。そ
れぞれを密に束ねた、強靭な太綱の様な本作は、時代劇の醍
醐味が十二分に堪能できると共に、圧巻のクライマックスと
ラストの池脇千鶴の表情に深く胸を打たれること必至の、ま
ごうかた無き傑作である。
                 
(天動説:映画批評 2010.6.28 試写会にて)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 私たちの望むものがある世界へ。
Entry TAG
平山秀幸   池脇千鶴   村上淳  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top