【映画批評 過去記事から】
アウトレイジ■2010年/シネマスコープサイズ/109分
監督・脚本・編集:北野武
撮影:柳島克己
照明:高屋齋
編集:太田義則
音楽:鈴木慶一
出演:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮
   國村隼、三浦友和、杉本哲太
   森永健司、板谷由夏、塚本高史
   坂田聡、柄本時生、渡辺奈緒子
   中野英雄 小日向文世
   石橋蓮司、北村総一朗


 関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織の内部で繰広げられ
る、生き残りを賭けた壮絶な権力争奪戦。『アウトレイジ』
は全編が謀略と暴力と殺戮で埋め尽くされた映画である。


 登場する男たちは、徹頭徹尾、殴り合い、怒鳴り合い、殺
し合いを続ける。親分の勝手な言動に振り回され、権力闘争
の駒に使われて命を落とすヤクザたちの鬱屈した怒りの火花
で映画の全編がキナ臭い。
 暴力団抗争劇という日本映画=プログラムピクチャの定番
フォーマットの流れを踏まえたつつ、その中身を現代感覚で
ブラッシュアップしてみせた本作は、映画という娯楽の醍醐
味をまんまとスクリーン上に復活させてみせた。

 群像劇ということで多彩な俳優たちが顔を揃えるが、従来
の「北野組」の俳優ではなく、ほとんど強面のイメージのな
い人ばかりを起用していて、この役と俳優イメージとの化学
反応が危険な匂いを漂わせて、なかなか面白い。分けても加
瀬亮、小日向文世、北村総一朗の三氏は出色である。

 シネマスコープの横長画面を駆使したカメラワークと画面
構成も見事で、余計なものは映し込まないストイックさと徹
底的なモノクロのイメージで埋め尽くされている。繊細にし
て大胆な編集はドラマ以上に乾いたタッチで、とりわけスロ
ーモーションのショットが効果的に挿入されていて印象的。
 一方、モチーフとしての「怒号」と突出する「暴力」の連
続に反比例して、物語自体はいたってクールに展開する。余
分なリアクションや描写を削り込んだ映画のタッチは、まる
で方程式を使って高度な数学問題を解いていくかのように、
きわめて理性的だ。

 あの手この手を駆使した殺害手口の数々と暴力シーンは、
かなり過激な部分もあるものの、実際には生理的不快感ギリ
ギリのところで、描写がブラックユーモアの方向へスライド
し、抑制の効いた「間」で次のショットへつながり、その場
の空気に不似合いともいえる「笑い」にスッと転化させる。
 陰惨なイメージをそこで中和させてしまう、その洗練され
たセンスは見事というほかない。
 笑いと恐怖、バイオレンスとコメディが表裏一体、分ちが
たく溶け合い混じり合って、映画という器になみなみと注が
れ、ギリギリの表面張力で揺れている。

 『アウトレイジ』は、凝ったストーリー展開より、状況の
変化に右往左往する人間たちを描写することに力点が置かれ
ている。しかし本作に詰め込まれた夥しい「死」や「痛み」
は、その前提としての「生」をくっきりと浮き彫りにする。
 その死に至るまでの刹那的時間に登場人物たちは、その死
と同様に様々な「生」を見せるのだ。
 物語のクライマックス、仁義のカケラもない乾き切った物
語の中で、非情な殺戮の連鎖によって破滅の坂をゆるやかに
下っていく大友組の組員たち。しかし彼らの中にも、わずか
ながら人間的な親愛の情が垣間見ることができる。死を覚悟
しながらもそこから逃れようとする生への執着。その銃火の
ように瞬間的なドラマ性の累積が、ひとつの固まりとして胸
にじわりと重く残る。

 欲望が渦巻き続けるこの物語の中では、高ぶる血も流れる
血もひたすら冷たい。ラストショット、一見この生き残りゲ
ームをまんまと勝ち抜いたように見える男たちにも、例外な
く死の影がちらついている。欲と義理を秤にかけた、愚かな
内輪揉めの狂想曲は、もはや永遠に続いていくしかない。

 破滅するべく破滅する人々を冷徹に見つめ続けるこの作品
は、人間の「負の思考」そのものでもある。人は美しい夢を
見るのと同様に、そんな悪夢を見たがる、危うい生き物なの
かもしれない。          
(2010.6.22 天動説:映画批評)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『必死剣 鳥刺し』 その命、誰のために。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top