【映画批評 過去記事から】
イッテ!■2005年/ビスタサイズ/30分
■制作:CARVE
原作・監督・編集:藤井徹
脚本:若波裕、藤井徹
撮影:芦澤明子
照明:佐久間栄一
音楽:北浦正尚
主題歌:「キセキの法則」soulife
出演:佐藤隆太、菜葉菜、加治木均、梅沢雅彦
   山本圭祐、山内洋子、山本政志/遠藤憲一


 ある将棋センターで店の権利書を賭けた将棋戦が行われて
いた。勝てば店の借金は帳消しとなるのだが、勝負は劣勢。
 やはり人生は変えられないし、変わらないのか…。そんな
逆境下に、「一手で局面を変える男」イッテが現れる。
 賭け将棋の一戦に集った人たちが繰り広げるドラマを、ユ
ーモアを交えて快活に描いた短編映画。
d(>_<  )Good!!(2010/05/10)

 盤上で駒を動かし合い、論理的に相手を追い込む「将棋」
というゲーム(とりわけ駒の裏表をひっくり返すことでその
性質が変わるという独特の仕様)になぞらえたように、人物
の配置や出し入れのタイミングでドラマのニュアンスがくる
くると変化する油断のならない構成。それが徹底的に全編を
貫いているのが本作の面白さ=エネルギーの源泉だ。
 ありがちな展開・いわゆるお約束を端から引っくり返し、
脱力感スレスレで二転三転させる緊張感、貪欲に放り込まれ
る細かいユーモア。それらのワククする要素を無駄なく、
ぎゅっと煮詰め、短いショットで巧みに繋ぎ込んだ緩急自
在のスリリングな編集とクール&ビートな音楽が、一時も気
が抜けないハイテンションな面白さを生み出していてとにか
く面白い。

 将棋のルールや指し方を知らないと一見何が何だか判らな
いのでは…という心配もまったく無用。実際、その戦況の大
部分は素人目にはほとんど判らない。しかし、透明な盤を真
下から撮ってみたり(両面に文字のある将棋駒ならではのギ
ミック)、決めポーズと光学合成でアニメ風バトルを演出し
てみたり、地味な対局を映画的話術の面白さ=パフォーマン
スで一気に見せてしまう。さらには将棋に全く疎いヒロイン
・歩(菜葉菜)が、その状況の判らなさを「思ったまま」口
にする(観客心理を代弁する)ことで「判らないこと」を全
肯定してしまい、それらをちゃっかりユーモアに転化させて
しまったりもするのだ。

 佐藤隆太の飄々とした存在感(大きな体躯の彼が盤の前に
小さく座るという画的な面白さ)や、遠藤憲一のお茶目で憎
めないワルっぷりなど、それぞれの持ち味を遺憾なく発揮し
た演技も絶好調で楽しませてくれるし、子分役・加治木均の
軽妙さと存在感も目を引く。そしてなにより紅一点の菜葉菜
がとても良く、違和感ギリギリまで追い込んだリアリティ豊
かな演技を見せてくれる。「美人マドンナ」でも「可愛いア
イドル」でもない。そういう既成のイメージを無用としなが
らもなお魅力的な存在感を発揮している。作品中、彼女のア
ップが大きく2回あるが、いずれのショットも絶品である。

 「流れ者が揉め事を解決してまた去ってゆく」という古典
的なシチュエーションを物語の軸に採りながら、佐藤隆太/
菜葉菜の関係性に無理矢理に恋愛モードを盛り込むことを注
意深く避け、比較的乾いた距離感で二人を捉えた点もきわめ
て適切だったと思われる。それがラストシーンを清々しく感
動的なものとしてあざやかに着地させることに大いに貢献し
ているのではないだろうか。

 運命は変わらない、世界は変わらない,そしてワタシも変
わらない…そんな考えでガチガチに行き詰まった局面に、起
死回生の一手を打ち込んでみせるイッテ。その「一手」は絶
対無敵の切り札でこそないが、それは混迷した状況にあえて
一撃を加えようとする「意思」であり、それ自体がひとつの
「変化」のきっかけである。ネガティブな世界にポジティブ
な「一手」を加えていくという試み。あとは何をどう選ぶの
か、という問題だけだ。

 エンディングを爽やかに締めくくる Soulifeによるテーマ
曲、「キセキの法則」も必聴。とにかく、理屈抜きに楽しめ
る快作である。
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『女は二度生まれる』
Entry TAG
藤井徹   菜葉菜   2010鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top