【映画批評 過去記事から】
あんにょん由美香■2009年/DV 16:9/1時間59分
監督・編集・撮影:松江哲明
構成協力:向井康介
撮影:近藤龍人、柳田友貴
編集:豊里洋
音楽:豊田道倫 挿入歌:川本真琴、豊田道倫
出演:林由美香
   ユ・ジンソン、キム・ウォンボギ
   カンパニー松尾、いまおかしんじ
   平野勝之、中野貴雄、柳下毅一郎
   野平俊水、柳田友貴、入江浩治、横須賀正一




「いつだって可笑しいほど誰もが誰か 愛し愛されて生きるの
さ/それだけがただ僕らを悩める時にも 未来の世界へ連れて
く」   
  「愛し愛されて生きるのさ」(1994 作詞:小沢健二)

 05年に亡くなった女優・林由美香が、人知れず出演してい
た日韓製作のAV『東京の人妻・純子』。なぜ彼女がこの作品
に出演することになったのか。ビデオの謎と林由美香の足跡を
追う旅は、北海道を経由して韓国へと向かう…
 一本のビデオの発見から始まる、切なさと優しさ溢れるドキ
ュメンタリ作品。

 ある日突然この世を去ってしまった女優・林由美香の姿を追
い求めるこの物語は、1人の女優に対する想いと、彼女に対す
る一抹の後悔とを胸に、松江監督が撮った純粋なラブレター。
 こんなに面白くて、ドキドキワクワクするドキュメンタリ映
画はそうはないのではないかと思います。関係者へのインタビ
ューというスタイルを越えて、映画はある種の幸福感に満ちた
ロードムービーへと変貌し、さらに思いがけない展開を見せて
より広い世界へと突き抜けてゆきます。

 映画は韓国AV『東京の人妻・純子』製作の謎を追うという
テーマを掲げつつ、彼女の出演作の監督とともに、かつての撮
影場所を訪問し、「林由美香」を回想するというロードムービ
ー的趣向で展開。あの時と同じ場所、同じシチュエーションを
愚直に再現(追体験)することで、彼女の生きた時間と世界を
肌で感じる旅は、次第に同行者である3人の監督たちそれぞれ
の想いを引き出し、彼女の人となりや撮影エピソードを通じて
不意に吐露される切ない感情が、切々と胸を打ちます。こんな
に愛された人がいたんだという感動。かつて誰かを愛した事の
ある人、今誰か想う人がいる人には深く共感出来るのではない
かと思います。背伸びも無理もせず、ひたむきに物語を紡いで
ゆく監督のイノセントな視線がとても微笑ましく好ましいです。

 カメラのフレームは、映画内における現実と虚構とを微妙に
ダブらせながら、さらに映画を観ている「こちら側」の現実に
もじんわりとにじみ出してきて、そのぼんやりしたカタチが次
第に「林由美香」という女の子の姿として再び蘇っていきます。
 途中から明らかに画面に「林由美香」が「存在」している感
覚に囚われるほどに。
  "人は誰からも忘れられた時、二度目の死を迎える。誰かが
忘れることなく記憶に留めている限り、その人は決して死なな
い"
 作中のインタビューでふと語られるこの重大なテーゼは、映
画というメディアの本質にも重なると同時に、人が人を想うこ
との真髄でもあり、映画の後半戦はまさにその一点を持って大
きく展開していきます。

 舞台は日本から『東京の人妻』作者を訪ねて一路韓国に。
 そこで明らかになる抱腹絶倒、感心至極、天動地、沈思黙考
のドラマの連打、連打。映画ファンの、映画に対する思い入れ
を身もフタも無くひっくり返すとと同時に、日本と韓国におけ
る「映画」という文化そのものにまで迫り、まるで予期しなか
った角度を見せてゆきます

 クライマックス、映画が(なにより林由美香さんが)つない
だひとつのささやかな「奇跡」。みんなが前向きに新たな一歩
を踏み出すスタートラインとして断然輝いて、ワクワクする気
持ちが画面から溢れています。スクリーンに映ったすべての人
にハッピーな笑顔が宿り、想い出の中の林由美香さんもまた新
しい生命を与えられて輝き出します。
 いつかまたどこかの映画館で。フィルムが回っている限り、
この幸福と愛は続いていきます。ひとりでも多くの人にこの映
画のチカラが届く事を願ってやみません。

(天動説:映画批評)

↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』 タンポポのような君なりき
Entry TAG
ドキュメンタリ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top