【映画批評 過去記事から】
あるいは裏切りという名の犬■原題:36 Quai des Orfevres
■2004年/フランス/シネマスコープ/110分
監督:オリヴィエ・マルシャル
脚本:オリヴィエ・マルシャル
   フランク・マンクーゾ、ジュリアン・ラプノー
共同脚本:ドミニク・ロワゾー
撮影:ドニ・ルダン
編集:アシュデ
音楽:エルワン・ケルモンヴァン、アクセル・ルノワール
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー
   アンドレ・デュソリエ、ロシュディ・ゼム、ヴァレリア・ゴリノ
   ダニエル・デュヴァル、ミレーヌ・ドモンジョ


 パリ警視庁のレオとドニは、かつて親友同士だったが、
現場主義のレオと、自身の地位に固執するドニは今や対立
関係にある。そんな折り、パリを騒がしている現金輸送車
強奪事件の指揮官にレオが任命され、事件をずっと追って
きたドニは内心面白くない。一方のレオには情報屋から、
重要な情報提供がもたらされる。やがてこの小さな火種が
二人の運命を大きく変えていくことに…

 練り込まれた脚本と磨き抜いた演出・映像で描き出され
る秀作ハードボイルド。無駄のない語り口の上手さと俳優
陣の抑えた演技との共闘に思わず唸らされる。
 奇を衒う事なく適切なショットを丁寧に撮り重ねること
でじんわりと浮かび上がってくる深みのある世界観、アク
ションシーンを随所に盛り込みながらも、それをドラマ全
体から浮き立たせない絶妙なバランス感覚の良さ。
 警察組織の中での信義の有り様、信頼と不信に揺れる警
官たちを的確に捉え、警察組織内の政治的暗部に至るドラ
マのリアリティの深さは、実話に基づくとはいえ衝撃的な
展開で、それらを110分という時間に手際よくまとめて
みせるセンスも素晴らしい。

 主人公レオとかつての友人ドニ、今は反目し合う二人の
過去に不用意に踏み込まず(過去の回想という表現方法に
頼らない)常に現在進行形で物語が語られるスタイルも効
果的で、その観客に想像の余地を託す巧みなサジ加減が映
画の質を格段に豊かにしている。物語後半の「7年の時間
経過」に違和感がない(端的な例ではレオの娘の成長経過、
そのイメージの一貫性とリアリティ)のも、ここに起因す
るものだろう。

 ほんの一瞬の迷いが判断を狂わせ、ダークサイドに引っ
張られていく登場人物たち。そしてそこで待ち受ける過酷
な運命。彼らの中に飛び抜けた「ヒーロー」はいない。み
んな悩み苦しみ、後悔し、ためらい、葛藤を続け、打たれ
ればダメージを受けるごく普通の人々だ。そんな彼らに、
ひとつだけ等しく作用しているもの、それは「信頼」とい
う力である。映画冒頭の同僚の送別会のシーンからはじま
り、娘と旅立つラストまで終始一貫して紡がれていく「信
頼」の物語。
 主人公レオとその妻、娘、または職場の同僚や部下、上
司、友人たちの間に存在する強い信頼感は政治的な謀略や
悪魔の囁きに翻弄される彼らにとっての最大の武器であり、
彼らが如何なる逆境や窮地に立たされてもそれを突破して
いく足掛かりとなっていく。
 その力の恩恵を受けるレオに対して、ドニは結果的に誰
からも信頼されずに孤立し、破滅していく。映画全編を大
きく縦断していくその明暗の差(映画のタッチとしては、
その境界がわずかに「にじんで」いるのがポイント)は絶
望を回避する希望とやるせない哀しみを感じさせる。

 クライマックスで畳み掛けるように押し寄せるサスペン
ス感は、活劇の定石をキチンと踏まえつつ、観る側の思い
込みを引っくり返し、意表をつく展開の鮮やかさ。(ここ
でも唯一「信頼」が武器となる)ここまで積み上げてきた
ドラマを一切崩す事なく、納得ずくの上でカタルシスを感
じさせる手腕は見事というほかない。

 ラストの静かな余韻の中には、事件の結末にみる哀しさ
や作品テーマの重さだけではなく、ささやかな幸福感と開
放感が漂う。終わりは始まり。より良き明日が拓けること
を祈りつつ、胸の奥の深い部分から呼びおこされる感動と
ともにエンドロールを見つめる至福。まさしく逸品と呼ぶ
にふさわしい作品ある。 
     
(天動説:2010.1.3)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ハッピーフライト』 こころのマイレージが貯まる明朗喜劇
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
『ライトスタッフ』The Right Stuff Aug 14, 2017
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top