【映画批評 過去記事から】
探偵物語■1983年/ヴィスタサイズ/111分
■製作:角川春樹事務所
監督:根岸吉太郎
脚本:鎌田敏夫 原作:赤川次郎
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
編集:鈴木晄
音楽:加藤和彦
出演:薬師丸ひろ子、松田優作、岸田今日子
   秋川リサ、北詰友樹、坂上味和、中村晃子
   藤田進、鹿内孝、荒井注、財津一郎


 1週間後にアメリカに旅立つ女子大生・新井直美は夜遊び
に余念がない毎日。そんな時、彼女のボディーガードを依頼
された探偵・辻山との出会いから、ある殺人事件に巻き込ま
れることに。

 まず作品全体の構成、探偵・辻山が女子大生・直美の素行
調査をする前半から、殺人事件をきっかけに直美が事件の真
相を追っていく後半部へと流れていく「逆転する作劇」の面
白さに注目したいと思う。
 直美の不安定な状況に揺れる心情描写が、その前・後半を
スムーズに繋げ、その一方で辻山の側から観た場合には、徹
頭徹尾キッチリとハードボイルド・ドラマとなっているとい
う重層的な構成。所謂アイドル映画という形をとりつつも、
一切の手抜きや迎合をせず、描くべきものをきっちりと描き
出す姿勢は、極めて映画的で素晴らしい。

 映像的な部分としては、画面内をちょこちょこと動き回る
小柄でキュートな薬師丸ひろ子の魅力と、長身を持て余す
うにゆったりと動く松田優作の存在感、この対照的な二人の
コントラストの面白さが際立っていて、二人が同じ画面で寄
りつ離れつする度に生み出されるユーモラスなアクション、
例えば、屋根伝い・窓越しに部屋に出入りし、鉄門をよじ登
り、尾行し、肩に張り付いては盗聴し、走っては逃げ、チー
クダンスを踊り、布団や換気扇に潜り込む。けっしてスマー
トとはいえないジタバタとしたアクションを繰り広げる様が
そのまま映画それ自体の躍動的な面白さに繋がっていく。

 そんな二人を、ロングショット効果的に織り込みながらワ
ンシーンごとじっくりと構えたフレーミングのカメラが丁寧
に撮っていく中で、そこから強く感じられるのは息づかいに
も似た、あるニュアンスである。
 「息を凝らす」「息を飲む」「一息に」「息をつく」「息
を抜く」「息も止まるほど」…といった主人公たちの心情的
=身体的リズムと、それを描き出す各ショット自体の持つリ
ズムがしっくりと同期し、観ている側の呼吸のリズムにも心
地よくマッチする。映画自体が息づいているという印象。そ
のリズムの中から、活劇性やサスペンス性が立ち上がり、随
所に散りばめられたユーモア(状況を超越したような存在感
の岸田今日子、実に言いにくそうに「愛」を口にする財津一
郎のチャーミングさ)などが引き立ち、この作品ならではの
「味わい」や「薫り」が生まれているのではないだろうか。

 ラスト、渡米するために1人空港に来た直美。いろいろな
想いが胸に去来する彼女の目に辻山の姿が映る。ただただ気
持ちを確かめ合い慈しみあう抱擁シーン。台詞の一切ない長
いショットから溢れ出る濃密な情感。離れ難くも意を決して
歩き出す直美と、彼女を送り出しながらも、取り残されたよ
うな辻本。カメラはズームアウト→ロングショットとなり、
(この仕掛けにも驚かされる)、エンドロールが終わるまで
去り行く直美と立ち尽くす辻本を捉え続ける。
 二人の表情は安堵感に満ちた笑顔なのか、未練を残した寂
しい顔なのかは定かではない。しかしこのシーンが物語の帰
結であるなら、この物語を観た人それぞれの中に生まれたシ
ンパシー、それがその答えなのではないだろうか。「目には
見えない」ものをも表現することができる「映画」の素晴ら
しさがここにある。

(2009.11.22 天動説:映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『ゼロの焦点』(2009) みんな儚くて、みんな愛しくて。
Entry TAG
角川映画   松田優作  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top