【映画批評 過去記事から】
HINOKIO■2005年/ヴィスタサイズ/111分
■制作:オーバーロードピクチャーズ
原案・監督・VFX:秋山貴彦
脚本:秋山貴彦、米村正二、末谷真澄
撮影:岡雅一
照明:吉角荘介
美術:池谷仙克
編集:上野聡一
音楽:千住明
出演:本郷奏多、多部未華子、中村雅俊
   村上雄太、加藤諒、小林涼子、堀北真希
   原沙知絵、牧瀬里穂、原田美枝子


 岩本サトルは、突然の事故で母親を亡くし、自らもそのシ
ョックからリハビリを拒否し、車椅子で生活する毎日。事故
から半年後、遠隔操作する代理登校のロボットを介して1年
ぶりに登校するが、その素っ気ない態度が気にいらない同級
生のジュンに目をつけられ…

 傷心の少年がロボットを通して、人を恋をすることで成長
していく姿を描いた物語。自己の存在意義に悩むナイーブな
少年を本郷奏多が、彼と交流を深めるボーイッシュな少女を
多部未華子がそれぞれ好演する。

 映画の観どころの一つはなんといってもロボット「HIN
OKIO」の存在感。最新VFXとSFX(等身大プロップ)
を併用し、実風景に違和感なく溶け込ませた映像は見事。デ
ザインも説得力があり、愛らしさやユーモアなど「表情」が
感じられて、秀逸だ。
 わりと近未来の世界設定ながら、見慣れた日常風景を地道
に押さえていく(美術セットも奇をてらった作りを慎重に回
避)ことで、作品中のリアリティがしっかり確保されている
し、主観ショット、通常ショットの映像的なメリハリや、ち
ょっとした気の利いた設定のセンスがSF的要素もしっかり
支えていて違和感がない。

 「HINOKIO」という仮想世界(デジタル)を介して
現実(アナログ)の世界に触れるサトル。ジュンとの交流の
中で彼の心は次第に現実世界に向かっていき、やや屈折して
いたジュンの心も同じように解けていく。
 物語クライマックス、サトルの窮地に為す術のないジュン
が、仮想現実(ゲーム世界=都市伝説)である「煉獄の塔」
に衝動的に登り、「風の笛」(現実世界でのジュンとサトル
を結ぶモノ)を吹いて、それまで募りに募った想いを込めて
サトルの名を叫びますが、その想いの強さは、現実か非現実
かという曖昧な境界をはるかに飛び越えて画面に結実する。
 同時に、現実と仮想現実の狭間を彷徨い続けたサトルも、
ジュンに対する想いをカギとして「自らの意志」で現実に帰
還する。(「母との邂逅」は、現実をきちんと前向きに受け
止めたことを意味する、サトルの深層意識なのではないか)

 「HINOKIO」システムはサトルにとって、素直には
認めることができなかった父という存在の「代理」でもあり
その父にとっては息子に対する精一杯の絆の証である。親子
を唯一つないでいたシステムから、今改めて解放された時、
二人は新たなステージに向かうことになるのだ。(サトルと
HINOKIOが列車を追って走るシーン!)    

 人物や設定が曖昧な箇所や、演出的に十二分に語りえてい
ない部分は散見されるものの、ハート・ウォーミングな世界
観がとても魅力的な作品である。

(2009.10.4 天動説:映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『世界はときどき美しい』「日常」を再確認する5つの掌編
Entry TAG
多部未華子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top