【映画批評 過去記事から】
ゼラチンシルバーLOVE■2009年/ビスタサイズ/87分
■制作:ピラミッドフィルム
原案・撮影監督・監督:操上和美
脚本:具光然
照明:石井大和 美術:池谷仙克
編集:丸山光章
音楽:今堀恒雄 主題歌:井上陽水
出演:永瀬正敏、宮沢りえ、天海祐希
   役所広司


【映画公式サイト→】


 若いカメラマンが、ある男からの依頼で美しい女の監視を
始める。24時間向かいの部屋からビデオカメラを回し続ける
うち、カメラマンは彼女に興味を抱き始める。

 男は、他者との積極的な交わりを避けながら(存在しなが
ら客観的には不在)、一方でカメラやビデオカメラのファイ
ンダー越しに被写体を見続け、あるいは映画のスクリーンや
モニターの中の誰かを見続ける(不在でありながら主観的な
存在)という、やや屈折した人物。「美しいと思えるもの」
を求めながら、目立たない静物や風景ばかりを撮っていた彼
が、「仕事」として「見続ける」ことを強いられた謎の女。
 その「美しさ」に取り憑かれたように、カメラを向ける行
為はやがて愛情の表現へとスライドしていきますが、観られ
る女と撮る側の男の距離が次第に近づいていくことで、現実
と幻想とが互いに相殺し合い、その結果、ある「事実」に気
付いた彼は、自分の「砂漠の虫」としての運命を悟ります。

 ラストで逆転する「観る側」と「観られる側」の関係。カ
メラのシャッターと銃火の瞬き、その一瞬の邂逅は、それぞ
れの「美しいもの」をお互いが共有した瞬間であり、男にと
っては直接的に女を撮ること=自らの「愛」の完結でもあり
ます。しかしそれは、その瞬間にしか共存不可能なものであ
り、幸福に満ちて「消え行く」者と、刹那の後悔と戸惑いの
中で、独り「去り行く」者を静かに分つ「太陽の光」でした。

 写真家・監督の繰上さんは、人物の皮膚やしわの一つ一つ
までを捉えて、表情はもちろん、その人の内面にまでピント
を合わせたような鮮明なポートレートで有名ですが、映画の
カメラに持ち替えても、そのレイアウト・センスや質感はそ
のまま映画フレームにも活きていて、何げない日常の風景を
克明に撮ったショットや、主人公の部屋での多彩なアングル、
厭きさせない画面構成など、全編無駄がなく素晴らしいです。

 演出上では、ゆで卵を食べるシーンが明解なエロティシズ
ムの暗喩であるのは論を待たないと思いますが、同様に「ビ
デオテープの封を切る」「フィルムを巻き上げる」「ヒゲを
剃る」「酒を飲む」「煙草を吸う」といった行為それぞれに
「観ること」「観られること」と互いに関連し合う「官能性」
が内在している点も見逃せないと思います。

 劇中で主人公が「美しいと思えるもの」をカメラで追い求
めたようにこの映画もまた、余分なものを極限まで削ぎ落と
して、究極の「愛」の形を幻惑的かつ鮮烈な映像で描きだし
た、究極の恋愛映画といえるでしょう。


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『少年メリケンサック』 2時間でわかるパンク・ロック
Entry TAG
永瀬正敏   役所広司  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
『ライトスタッフ』The Right Stuff Aug 14, 2017
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top