【映画批評 過去記事から】
RONIN■原題:Ronin/1998年/アメリカ/シネマスコープ/122分
監督:ジョン・フランケンハイマー
脚本:J・D・ザイク、リチャード・ウェイズ
撮影:ロバート・フラッセ
編集:アントニー・ギブス
音楽:エリア・クミアル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ
   ナターシャ・マケルホーン
ステラン・スカルスガルド
   ショーン・ビーン、スキップ・サダス
   ジョナサン・プライス


 互いに素性も目的も知らずに集められた4人のエキスパー
トたち。彼らに与えられたミッションは、厳重に装備された、
あるスーツケースを無傷で盗み出すこと。チームは命懸けの
危険な任務をクリアするも、苦労の末、入手したケースは裏
切り者と共に消えてしまう。残りのメンバーは再度ケース奪
還を企てるのだが…。

 「アウトロー」を「ローニン」と言い換えてしまう、クー
ル・ジャパンを地で行く脚本も嬉しいですが、骨太かつシン
プルなストーリー構成、味のある個々のキャラクター描写、
疑心暗鬼と信頼の間で揺れる人間関係を丹念に描き込むコク
のある演出が実に渋い一作。

 二転三転するストーリーの中で、1人また1人と舞台から
「退場」していく構成の面白さ、物語の核心である「アイテ
ム」の実体を最後まで明かさない大胆不敵な状況設定。デ・
ニーロとジャン・レノの限りなく友情に近い信頼関係の男っ
ぽさ…等、盛り沢山の要素を抜群のバランスでまとめ、さら
にパリ市外を激走するカーチェイス、リアリティにこだわっ
た迫力のガンファイトシーンなど、流石はベテラン監督のフ
ランケンハイマー。若手監督にはちょっと真似出来そうにな
い重厚さで、まさに貫禄の演出。
 余韻たっぷりの「哀愁」のラストシーンに男泣き必至の秀
作です。

…ちなみに、DVD特典の「もう一つのエンディング」はか
なり蛇足感がある(というか切なすぎる)ので、本編観賞後
時間を置いてから観ることをお薦めします。


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『フレフレ少女』 ポップでオールドスクールな青春物語
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top