【映画批評 過去記事から】
太陽を盗んだ男(オリジナル)■1979年/ヴィスタビジョン/147分
■製作:キティ・フィルム・コーポレーション
監督・脚本:長谷川和彦
原作・脚本:レオナード・シュレイダー
撮影:鈴木達麿
編集:鈴木晄
音楽:井上堯之
出演:沢田研二、菅原文太、池上季実子
   神山繁、佐藤慶


 原子爆弾を作った一人の高校教師が、日本政府を脅迫する。
その最初の要求は「野球のナイターを最後まで放送せよ」だ
った…。

 今観ても斬新で面白すぎるストーリー、タブーぎりぎりに
迫ったテーマやモチーフ、貪欲に詰め込んだアクション、空
前のロケーション…などなど語り出したら止まらない、日本
映画史上屈指のエンターテイメント作品。
(公開当時小学生でしたけど劇場でしっかり観たのがちょっ
とした自慢です)
太陽を盗んだ男(リニューアル)
 なぜ原爆を作ったのかという動機は劇中一切描かれず、絶
対的な「力」を得た男がその「力」に高揚し、翻弄される様
が淡々と綴られていきますが、観る側はその心情を探りなが
ら、同時に展開される活劇要素に手に汗握るという巧妙なド
ラマ構造になっています。
 普通のアパートの一室で日常生活と隣り合わせで作られる
原爆。その製造工程の画的な面白さ。それに反して戯画的な
原発でのプルトニウム奪取シーンの落差の妙は、後の原爆奪
還シーン等でも再三反復され、その人を喰ったような破天荒
な展開は、ともすれば作品全体がヘヴィになり過ぎるのを防
いで、ユーモアさえ感じさせます。
 原爆完成に喜んだ主人公・城戸がガイガーカウンターをマ
イクに見立てて歌い踊るシーンは本作でも指折りの名シーン
です。
 そしてクライマックスの沢田さんと文太さんの、すべてが
「ギリギリ」の空前絶後の大死闘、様々な解釈がとれる虚無
的なラストシーン。映画の魅力が全編ギッシリ詰まった奇跡
のような作品です。

(天動説:映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『恋の門』 漫画のような恋愛バトル
Entry TAG
長谷川和彦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top