【映画批評 過去記事から】
かもめ食堂■2005年/ヴィスタサイズ/102分
監督・脚本:荻上直子
原作:群ようこ『かもめ食堂』
撮影:トゥオモ・ヴィルタネン
照明:ヴィッレ・ペンッティラ
編集:普嶋信一
音楽:近藤達郎
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
   ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス
   マルック・ペルトラマッティ




 かもめ食堂。それはフィンランドのヘルシンキにあり
ました。フィンランドはヘルシンキの街角でオープンし
た小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメ
ニューはおにぎり。フィンランドの人にも日本食のおい
しさを伝えたいと張り切りますが、お客さんはなかなか
やってきません。それでもめげないサチエさんは、訳あ
りの日本人女性ミドリさんとマサコさんに出会います。
 二人が店を手伝ってくれる事になり「かもめ食堂」に
も次第にお客さんが増えて…。

 フィンランドの小さな食堂を舞台にした、何とも言え
ない不思議な味の映画です。ことさら大事件が起きる訳
でもなく、登場人物にまつわるささやかな(ちょっとお
かしな)エピソードを積み重ねていくうちに、しだいに
じんわり感動が浮かび上がってくるという、ちょっとし
た舞台劇のような作りになっています。それでいて、通
りに面した店構えという設定を活かした人の出入り、カ
ウンターと客席、テーブルを介した会話、厨房での調理
シーン、サチエのプライベートなど、動きのある場面描
写が組まれているため、画面そのものに停滞感がなく、
面白さと同時に心地よいテンポが生まれています。

 物語も「流行らない店を繁盛させる」というありがち
なサクセスドラマかと思いきや、そういう類いのエピソ
ードはほとんど描かれる事がなく(明らかにテーマはそ
こではない)、それでいてラストはきちっと前向きなエ
ネルギーを感じるハッピーエンドで締めくくられるとい
う作品構成は素晴らしいのひとことです。というよりは
この作品、最初から最後までずーっとハッピーだった…
といえるかもしれません。ハッピーでないものはフレー
ムの外にどんどん押し出されていく、そんな感じがしま
す。
 細かい部分では、食堂が舞台だけあって食事と料理の
シーンはホントに美味しそう。おにぎりが出てくるにい
たっては、日本人に生まれてよかったなぁと実感してし
まいます。劇中に登場する、コーヒーを美味しくするお
まじない「コピ・ルアック」はちょっと試してみたくな
ります。
 あと、いつものイメージと違って、見とれるくらいめ
っちゃキレイな小林聡美さんにも注目。週末や休日に、
のんびりゆったり観るのがおススメの作品です。ごちそ
うさまでした。(天動説/映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『スナッチ』
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top