【映画批評 過去記事から】
スキヤキウェスタン ジャンゴ■2007年/シネマスコープ/121分
監督:三池崇史
脚本:NAKA雅MURA、三池崇史
撮影:栗田豊通
編集:島村泰司
音楽:遠藤浩二
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介
   桃井かおり、香川照之、木村佳乃
   石橋貴明、安藤政信、松重豊、塩見三省
   石橋蓮司、堺雅人、田中要次、小栗旬
   内田流果、Q・タランティーノ

 砂塵が舞う山奥の寂れた寒村。村に眠るお宝を巡って激し
く対立する、清盛率いる平家ギャングと源義経が指揮する源
氏ギャング。そこに現れた流れ者の凄腕ガンマン──
 源平血みどろのお宝争奪戦の決着は?流れ者ガンマンの運
命や如何に?


 マカロニ・ウエスタンに日本の時代劇をミックスした奇想
天外なエンターテイメント作品。まさに「スキヤキ」のごと
く、東西の映画のオイシイところをひとつの鍋でごった煮に
したような面白さ。全編英語のセリフも違和感ゼロなくらい
堂々とマカロニ・ウエスタンのスタイルを踏襲しています。

 作品そのものは骨太で、意外と直球勝負(多少いつもの三
池節はありますが)なドラマ作りで、筋書きだけ読むとめち
ゃくちゃハードなんですが、そこはちょっとユーモラスな演
出でマイルドになってます。
 肝心のガンアクションは、基本は押さえつつも二丁拳銃な
ど、今風な味付けを盛り込んだスピーディなスタイル。たぶ
ん殺陣の要素を取り込んだのではないかと思います。俳優陣
のガン捌きや弾込めをするショットなど、細かいところも押
さえてあって申し分ない出来です。

 全体的に観ると、画面の横長フレームを活かしたレイアウ
トと画面の色合いが良いです。特別なフィルムの現像方法ら
しいんですが、どのシーンも味のある深い画になっています。
 そしてこの画面の深さに負けずに対抗する、豪華キャスト
陣。伊藤英明、伊勢谷友介のカッコ良さもさることながら、
佐藤浩市の何ともいえない可笑しさを含んだ悪ボス役も楽し
いし、さらに特筆すべきは前半部分で今までにない妖艶な演
技を見せる木村佳乃と、後半超カッコいい見せ場を作る桃井
かおり。その表情の深みや立ち振る舞いの魅力など、とにか
く圧巻です。

 キャラクターが十二分に描き切れてない部分があるのは、
もったいないし難点といえるかもしれませんが、映画そのも
ののパワーでまるごとクリアしてしまっていると思います。
 怒濤のガンファイトや銃VS剣の緊迫の決闘、そしてガンマ
ンと少年(演じる内田流果くんの表情がとても良い!)との
厚い交感。ラスト、北島三郎(!)が歌う主題歌が駄目押し
となり、あっという間の2時間でした。
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『戦 -IKUSA-』『〜第弐戦 二本松の虎』
Entry TAG
三池崇史   佐藤浩市   伊勢谷友介      安藤政信  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top