【映画批評 過去記事から】
恋文日和■2004年/ヴィスタサイズ(1部スタンダード)/111分
『あたしをしらないキミへ』
  監督・脚本:大森美香
『雪に咲く花』
  監督:須賀大観
  脚本:佐藤善木
『イカルスの恋人たち』
  監督:永田琴恵
  脚本:松田裕子
『便せん日和』
  監督:高成麻畝子
  脚本:岡本貴也
原作:ジョージ朝倉「恋文日和」
撮影:福本淳
照明:市川徳充
編集:落合英之
音楽:小西香葉 主題歌:『恋文』wyolica

出演:
『あたしをしらないキミへ』村川絵梨、弓削智久、真木よう子
『雪に咲く花』      小松彩夏、田中圭
『イカルスの恋人たち』  玉山鉄二、塚本高史、當山奈央(Buzy)
『便せん日和』      中越典子、大倉孝ニ、森ほさち

 手紙をテーマにした、4人の監督による恋愛オムニバス映
画です。お目当ては須賀大観監督作品と、中越典子さんの出
演作品だけだったんですが、これが全編とっても良かったで
す。
 『あたしをしらないキミへ』の主人公二人の微笑ましい言
動、『雪に咲く花』のちょっとファンタジックな物語、『イ
カルスの恋人たち』のお互いを恋する気持ち、『便せん日和』
でのちょっと不器用な主人公たち。それぞれに共感できるし、
応援してしまいます。際立って大きな事件が起きるわけでも
ないけど、じんわり感動が胸に染みてくる、そんな感じの映
画です。個人的には『イカルス~』がツボだったかな、と思
います。男性目線からすると結構共感できるんじゃないかな
と思います。
 オムニバス作品の構造上『便せん~』のラストが全編を締
めくくるラストにもなっているのですが、このショットの中
越さんの笑顔が素晴らしいです。
 やっぱり、映画観るならハッピーな気分になれる映画がい
いですね。            (天動説:映画批評)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『幸せのショコラ』
Entry TAG
須賀大観   永田琴   永田琴恵   中越典子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top