【映画批評 過去記事から】
パンドラの匣■2009/アメリカンヴィスタ/94分
■制作:ユーロスペース
監督・脚本・編集:冨永昌敬
原作:太宰治
撮影:小林基己
照明:藤井貴浩
音楽:菊地成孔
出演:染谷将太、川上未映子
   仲里依紗、窪塚洋介、ふかわりょう
   杉山彦々、小田豊、ミッキー・カーチス


 太平洋戦争が終結した頃、結核を患う少年・利助は、山奥
の結核療養所・健康道場へ入所する。少々風変わりな道場で
の日々を過ごす中、利助は新任の看護婦長・竹さんのことが
気になり始めるが…

d(>_<  )Good!!(2011/05/06)


 例えばここに、真っ白できれいな箱がある、とする。
どこがフタでどこが底なのか見ただけでは判らないほど、箱
の各面はどれもきちっと角が立っている。しかし正確に見え
るその面はどれも微妙に歪んでいて、全体的な印象としては
どこか奇異なものを感じさせる…
 映画『パンドラの匣』はまさにそんな印象を強く抱かせる
作品である。一見、端正で静謐な青春群像劇なのだが、その
端々に奇妙奇天烈な面白さ、可笑しさが浮かび上がり、「文
学作品の映画化」という固いイメージがみるみる剥がれ落ち
てゆく。

 日本のあるひとつの「風景」。カメラはその一部を大きな
「カタマリ」として、ごっそり切り出し、物語として提示す
る。大雑把でいて繊細、大胆にして慎重なこの「静かなる世
界」は、例えるならばひとつの小さな「箱」である。
 それを象徴するものとして、療養所がまさに「ハコ」とい
う直截的な連想を喚起させる形で画面に映し出されるが、こ
こもまた「歪み」を感じさせる不思議な場所だ。

 病室は個人のベッドで分けられてはいるが、仕切りはない
ため、個的空間と公的空間の境がきわめて曖昧。人の出入り
も会話も境目がない。廊下・窓・トイレなどでのショットに
おいては、画面フレームに対する、人の出入りの角度とタイ
ミングに意表を付かれる。一見、普通に見えるこの「ハコ」
の中ではどのシーンも冷静に観てみると奇妙な空間性を持っ
ていて、それは一歩引いて観たときに、映画そのものの印象
を「だまし絵」のように錯覚させる。

 「大きな世界」から隔離された、山間の療養所という別次
元のような「小さな世界」。
 その空間の中では、登場人物たちも「床から数ミリ浮いた
ような」浮遊感覚にも似た独特のニュアンスを帯びている。
 彼らがおくる日々の生活や思いがけない事件の数々。そし
て二つの世界を移動する、バスという「小さな空間(箱)」。

「物語」の住人となるべく、バスに乗ってやってくる主人公
の利助(染谷将太)と、意図的にこの「世界」を「移動する」
人物・つくし(窪塚洋介)と竹さん(川上未映子)。
 彼らは「箱」の内外を移動する、つまり「箱から出るもの」
であり、同時に「箱に残るもの」でもある。
 
 「パンドラの箱」には幾つかの解釈がある。災厄を含んだ
すべてのものが箱から飛び出して行ってしまったあと、しか
し未来への「希望だけ」は残されていた、という説。そして
「すべてが何もかもなくなってしまい、あとには、ただ不確
定な「希望だけ」しか残されていなかった、とする絶望説。
 その両義的で微妙な解釈は、ラストシーンの「すべてが箱
から飛び出していく」幻想的なスローモーションに象徴的に
提示されている。きわめて寓意的なラスト、誰が誰の「希望」
なのか。人は何かの「希望」たることは可能なのか。答えを
知るためには、あと何回か、この映画という「箱」の中をの
ぞくしかないのかもしれない。
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ロボジー』
Entry TAG
2011鑑賞   冨永昌敬   染谷将太   窪塚洋介     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top