【映画批評 過去記事から】
『BE-BOP-HIGHSCHOOL』■1994年/ビスタサイズ/94分
■制作:東映ビデオ
原作・監督:きうちかずひろ
脚本:木内一雅
撮影:仙元誠三
美術:今村力
編集:田中修
音楽:大谷和夫
出演:岸本祐二、庄司哲郎
   花嫁いづみ、家根本渉
   川守田政人、宮崎光倫
   山崎りょう、成瀬正孝
   竹中直人

 些細なことから立花商業との間でトラブルになった私立愛
徳高校のヒロシとトオル。彼らの溜まり場へ乗り込むが、そ
こにいたのは天保工業の面々。早速、副番と衝突するトオル。
 これを引き金に、天保の徹底攻撃が始まった。トオルたち
は周囲を取りまとめてグループを結成、反撃に出るが、ヒロ
シだけは孤軍奮闘で抵抗を続ける…

 人気コミックの映画化といえば、那須博之監督、清水宏次
朗・仲村トオルによる東映作品(全6作)が有名かつ印象深
いが、本作は原作者・きうちかずひろが自ら監督を手がけ、
トオル役に岸本祐二、ヒロシ役には庄司哲郎を配して、原作
とも前シリーズとも全く違うハードなタッチの作品を作り出
した。冒頭から高校生のケンカを越えたバトルが展開する抗
争活劇。

 商店街、路地や廃車置場、屋内、高架下など、「戦闘のた
めの舞台」としての町並みの中で、地域の覇権を巡って繰広
げられる壮絶なストリート・ファイトは、作品世界の一種の
「ゲーム性」をはるかに越える大迫力。ヒロシの刹那的な恋
愛やトオルの女絡みの間抜けな空騒ぎのエピソードも挿入さ
れるものの、「高校生」という括り自体はまったく無効化さ
れていて、徹頭徹尾「鉄拳が白黒つける」世界に終始する。

 トオルとヒロシが馴れ合いでつるまないのも特徴的で、そ
の分、クライマックスのカタルシスは多少減じているかもし
れないが、ラストシーンでは紛れもなく『ビー・バップ・ハ
イスクール』な二人の姿を見ることができる。
           (2010/12/15 天動説:映画批評)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ラブ・ストーリーを君に』 甘さ控えめの恋愛ハードボイルド
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top