【映画批評 過去記事から】
2011年3月に観た映画を月ごとに記録しています。
下に行くほど日付は古くなります。とりあえず観た映画
のリストなので、良いと思った作品も、不満を感じた作
品も併記しています。良いと思ったものは後日、別エン
トリで批評を書き起こし、該当記事へリンクを貼ります。
d(>_< )Good!!(。・ˇ_ˇ・。)ムム… のマークは、これのみで
「作品の絶対的評価」を意味するものではなく、個人的
な作品感想を分類することを目的とするものです。




LOVE SONG『LOVE SONG』
■2001年/アメリカンヴィスタ/100分
■制作プロダクション:イマージュ
監督・脚本:佐藤信介
撮影:河津太郎
照明:中川大輔
編集:田中慎二
音楽プロデューサー:須藤晃 主題歌:尾崎豊
出演:伊藤英明、仲間由紀恵
   一條俊、原沙知絵、津田寛治
   坂本真、三輪明日美、石堂夏央
   奥貫薫、ジョビジョバ

1985年、北海道。尾崎豊のアルバムがきっかけで知り合った
レコード屋の店員・松岡と高校生・彰子。夢を追い求める松
岡に彰子は淡い恋心を心を抱く。だが、松岡は突然いなくな
ってしまい……。
尾崎豊の曲をモチーフに描く、青春の挫折と葛藤、そして再
起。一見、のラブストーリーかと思いきや、安直に尾崎の曲
のイメージに頼ることもなく、両者のストーリーは常に平行
して描かれる。文学的ニュアンスの強い作品。そういう意味
では観る側の予想をことごとく(良い意味で)裏切る内容。
全体的にナチュラルな会話劇の面白さで引っ張る中で、端々
に映像的な力強さがある。高校生役の仲間由紀恵さんがやっ
ぱり良くて、クライマックスからラストに至る辺りの表情の
良さは抜群。(3/5)





ごくせん『ごくせん THE MOVIE』
■2009年/シネマスコープサイズ/118分
■制作プロダクション:日テレアックスオン
監督:佐藤東弥
脚本:江頭美智留、松田裕子 原作:森本梢子
撮影:市川正明
照明:角田信稔
編集:松竹利郎
音楽:大島ミチル
出演:仲間由紀恵、亀梨和也、生瀬勝久、宇津井健、高木雄也
   三浦春馬、石黒英雄、中間淳太、桐山照史、三浦翔平
   玉森裕太、賀来賢人、入江甚儀、森崎ウィン、落合扶樹
   平山あや、星野亜希、金子賢、内山信二、脇 知弘
   小栗 旬、石垣佑磨、成宮寛貴、速水もこみち、小池徹平
   小出恵介、沢村一樹、東幹久、袴田吉彦、竹内力、江波杏子
(3/18)





ドロップ『ドロップ』
■2009年/アメリカンビスタ/122分
■制作プロダクション:角川映画
監督・原作・脚本:品川ヒロシ
撮影:藤井昌之
照明:松隈信一
編集:須永弘志
音楽:沢田完
出演:成宮寛貴、水嶋ヒロ、上地雄輔、本仮屋ユイカ
   中越典子、波岡一喜、若月徹、綾部祐二
   哀川翔、遠藤賢一、坂井真紀
(3/19) 映画批評→






相棒 劇場版2『相棒 劇場版II 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
■2010年/ヴィスタサイズ/119分
■制作プロダクション:東映、東映テレビプロダクション
監督:和泉聖治
脚本:輿水泰弘、戸田山雅司
撮影:会田正裕
照明:大久保武志
編集:只野信也
音楽:池頼広
出演:水谷豊、及川光博、小西真奈美、小澤征悦、益戸育江
   宇津井健、國村隼、葛山信吾、平岳大、品川徹、江波杏子
   川原和久、大谷亮介、山中崇史、山西惇、六角精児
   神保悟志、小野了、片桐竜次、原田龍二、岸部一徳

警視庁本部内で前代未聞の人質籠城事件が発生。犯人は不審
な拳銃発砲により死亡し、その動機も不明。特命係の杉下右
京はその謎を追ううちに、隠蔽された過去の事件の真相を暴
き出すことに。
2時間みっちりドラマがつまってて密度の濃い映画だった。
小西真奈美、小澤征悦が良かった。シリーズを観続けて来た
ファンにとっては衝撃的ラスト。(3/21 劇場)




Zガンダム 星を継ぐ者『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』
■2005年/ヴィスタサイズ/95分
■制作プロダクション:サンライズ
総監督・原作・脚本・絵コンテ:富野由悠季
キャラクターデザイン:安彦良和
メカニカルデザイン:大河原邦男、藤田一己
キャラクター作画監督:恩田尚之
メカニカル作画監督 :仲盛文
美術監督:東潤一 、甲斐政俊
編集:山森重之
スタジオ演出:松尾衡
音楽:三枝成彰
声の出演:池田秀一、飛田展男、古谷徹、鈴置洋孝
     岡本麻弥、勝生真沙子、新井里美、井上和彦
(3/24)






『築地魚河岸三代目』
■2008年/ヴィスタサイズ/116分
■制作・配給:松竹株式会社
監督:松原信吾 
脚本:安倍照雄、成島出 原作:はしもとみつお、鍋島雅治
撮影:長沼六男
照明:中須岳士 
編集:石島一秀 
音楽:本多俊之 
出演:大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、森口瑤子
   大杉蓮、森下愛子、荒川良々、マギー
   江口のりこ、甲本雅裕、柄本明、伊東四朗
(3/25) 映画批評→






八月の二重奏『八月の二重奏』
■2010年/ヴィスタサイズ/45分
■制作プロダクション:東映東京撮影所
監督・脚本:田口仁
原案:菅原美穂
音楽:大島ミチル
出演:南沢奈央、池田愛、小林綾子、中山峻
   街田しおん、石橋蓮司

日本赤十字社製作の献血推進広報映画。
高校3年生の夏に14歳の妹を急性白血病で亡くした菅原美保
さんの実話を、南沢奈央主演で映像化。
大学のキャンパスの喧騒の中、美保の脳裏に5年間の妹との
闘病の記憶がよみがえる。自らも骨髄移植をして妹を支えた
こと。姉妹共通の趣味であったヴァイオリンで、二重奏を奏
でたこと。それは生きることそのものだった。そして献血が
それを支えてくれたことを…
堅苦しい啓蒙色は無く、姉妹の心情に寄り添った作劇は清々
しい。(3/27)




クロサギ『映画 クロサギ』
■2008年/ヴィスタサイズ/127分
■制作:セディックインターナショナル、ドリマックステレビジョン
監督:石井康晴
脚本:篠崎絵里子  原作:黒丸/夏原武
撮影:原田幸治、森哲郎
照明:林明仁
編集:松尾茂樹
音楽:山下康介
出演:山下智久、堀北真希、加藤浩次、市川由衣
   大地真央、竹中直人、笑福亭鶴瓶、田山涼成
   奥貫薫、岸部四郎、石橋蓮司、峰岸徹
   北村有起哉、西村清孝、哀川翔、山崎努
   飯島直子(特別出演)杉田かおる(友情出演)

山下智久主演の同名テレビシリーズの続編。
詐欺被害に遭った父親が一家心中を図り、ただひとり生き残
ったというい過去を持つ黒崎は、悪辣な詐欺師のみを獲物に
する詐欺師「クロサギ」。大規模な手形詐欺によって日本経
済を暗黒に落としこんだ伝説の詐欺師・石垣をターゲットに
決めて罠を仕掛けるが…(3/29)




ジョン・ベルーシ『ベスト・オブ・ジョン・ベルーシ』
■1985年/ヴィスタサイズ/78分
製作:ジュディ・ジャクリン
編集協力:ローン・マイケルズ、ダン・エイクロイドetc.
出演:ジョン・ベルーシ、ダン・アクロイド、チェビー・チェイス
   ビル・マーレー、ブルース・ブラザースバンドほか
【収録作品】『♪ソウルマン』(LIVE)「サムライ・デリカ
テッセン」「ベートーベン(1)」「減量中のエリザベス・
テーラー」「♪キング・ビー」(LIVE)「セラピーのゴッド
ファーザー」「ベートーベン(2)」「チョコドーナツ」
「チーズバーガー、オンリー・ペプシ」「恐怖・あつかまし
いヤツ」「アイリッシュの男」「ベートーベン、ミーツ・レ
イ・チャールズ」「ジョー・コッカー」「スタートレック:
カーク船長のいちばん長い日」「怒りを込めて振り返らない」

早すぎる死去が惜しまれる俳優・コメディアン:ジョン・ベ
ルーシ(1949-1982)が、アメリカの人気番組『サタデーナ
イトライブ(1975-79)』での珠玉のコントを集めたベスト
・パフォーマンス集。コメディとしての質も高いし、英語が
判らなくてもめちゃくちゃ面白くて笑えるので、おすすめで
す。(3/29)




東映まんがまつり『タイガーマスク ふく面リーグ戦』
■1970年/ビスタサイズ/53分
■制作プロダクション:東映動画
原作:梶原一騎、辻なおき
監督(演出):設楽博、田中亮三
       白根徳重/黒田昌郎
脚本:安藤豊弘、三芳加也/辻真先
キャラクターデザイン:木村圭市郎
作画監督:森利夫、小松原一男/国保誠
美術:泰秀信 浦田又治/沼井肇
編集:大橋四郎
音楽:菊池俊輔
声の出演:富山敬、兼本新吾、山口奈々
     野沢雅子、柴田秀勝

「虎の穴」のマネージャー、ミスターXは凶悪な怪人覆面レ
スラー集団を率いて来日し、賞金十万ドルを賭けて覆面ワー
ルド戦を行うことを宣言。孤児たちのためにその賞金が欲し
いタイガーマスク=伊達直人は、このリーグに参戦するが…
1970年公開の夏の「東映まんがまつり」のうちの1本で、テ
レビシリーズの当該エピソード(23〜26)を再編集した劇場
版。
 いわゆる「タイガーマスク運動」に関連して、ニュープリ
ントで劇場公開されたものを鑑賞。タイガー世代としては面
白かったが、TVサイズ&劇画タッチの荒々しい作画、TV
数話を編集する手際の荒っぽさ、そして反則オッケーの過激
なプロレスというドラマ内容、と全体的に荒々しい映画とい
う印象。(3/30 ディノスシネマ札幌劇場)




(天動説/映画批評)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『ドロップ』 殴り殴られ、泣き笑いのバカ騒ぎ。
Entry TAG
2011鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top