【映画批評 過去記事から】
おろち■2008年/ヴィスタサイズ/107分
■制作プロダクション:セントラル・アーツ
監督:鶴田法男
脚本:高橋洋
原作:楳図かずお
撮影:柴主高秀
美術:山崎秀満
照明:蒔苗友一郎
編集:須永弘志
音楽:川井憲次
出演:木村佳乃、中越典子、谷村美月
   大島蓉子、山本太郎、嶋田久作

 百年に一度永い眠りにつくことにより不老不死の体を保ち
続け、人の世を彷徨いながら人間たちの争いや憎しみ、狂気
をただ見つめ続ける謎の美少女「おろち(谷村美月)」。
 彼女は、かつて大女優として名を馳せた美しい母・葵(木
村佳乃)と2人の美しい姉妹・一草と理沙が暮らす門前家に
家政婦として潜り込む。しかし門前家に生まれた女たちは、
ある宿命を背負っていた…

 人の運命を見守る超越的存在・おろちが出会った、哀しく
も恐ろしい姉妹の秘密。ストーリーの語り手であり、傍観者
であるおろちが不意にドラマの中に取り込まれることで、物
語が二重のサスペンス性を帯びる作劇が面白い。
 おろち役の谷村美月、美しき姉妹を演じる木村佳乃、中越
典子という3女優陣の競演も素晴らしいが、自分のもとから
去っていく少女を呆然と見つめる大島蓉子の姿も印象に残る。

「見られること」と「見られないこと」の意識の狭間で壊れ
ていく女たちと、ただ運命を「見続けるだけ」の少女。ゴシ
ックホラー的世界観の中で展開する心理サスペンスは皮膚感
覚に訴える戦慄的な怖さ。ラストには気が遠くなるような無
常感が襲い、心の奥底がひやりとなる。
d(>_< )Good!!(天動説 2010/10/07)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『女忍 KUNOICHI』
Entry TAG
中越典子  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top