【映画批評 過去記事から】
害虫■2002/ビスタサイズ/92分
■制作:日活
監督:塩田明彦
脚本:清野弥生
撮影:喜久村徳章
照明:豊見山明長
編集:菅野善雄
音楽:ナンバーガール
出演:宮崎あおい、田辺誠一、沢木哲
   天宮良、石川浩司、蒼井優、りょう
   伊勢谷友介、すずき雄作、米岡ゆり
   芳賀優里亜

●『害虫』DVDサイト→


 母親の自殺未遂、小学校時代の担任との恋愛経験などの影
響で、同世代の子と違う雰囲気を持つ中学生のサチ子。同級
生たちとも馴染めない彼女は、学校へ行かずに毎日街をぶら
ぶらして過ごす。不安定に揺れる日常に振りかかる過酷な現
実を前に彼女は…

 女の子のかばんの中身のような、傍目にはバラバラで一貫
性に欠けたイメージの羅列。サチ子(宮崎あおい)の行動が
点と点を結ぶ様にそれをつないでいく。
 「平凡な日常」という世界の「継ぎ目」に出くわす度に、
その隙間にズレ込む様にドロップアウトする彼女。そして、
見えない磁力に引っ張られる様に不規則に加速していく。

 セリフを極力排して、観る側に過剰な感情移入をさせない
クールで客観的な視点。畳み掛けるショットの連続に刺激さ
れる視覚=イメージと、垣間見えるキャラクター心理との化
学反応が、目に見えない火花を放つ。感電するか、引火する
か。迷走するサチ子を見守る我々の思考も、常に迷走し続け
る。
 時系列に沿っていながらも、挑発的に途中のカットをとば
したシーン編集の仕方、その幻惑的な見せ方が面白かった。

(天動説:2010/11/12)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『アカルイミライ』~ この世界、その先の未来へ。
Entry TAG
宮崎あおい   蒼井優  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top