【映画批評 過去記事から】
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ■2007年/ビスタサイズ/112分
■制作プロダクション:モンスターフィルムス
監督・脚本:吉田大八
原作:本谷有希子
撮影:阿藤正一、尾澤篤史
照明:藤井隆二
編集:岡田久美
音楽:鈴木惣一朗
出演:佐藤江梨子、佐津川愛美
   永瀬正敏、上田耕一
   土佐信道、山本浩司
   永作博美

【映画公式サイト】→


 北陸のとある山間部の村。両親の突然の事故死を契機に、
4年ぶりに帰省した和合澄伽(すみか)。我侭でプライドば
かり高く、女優を目指して上京したものの鳴かず飛ばずの彼
女は、実家を継いだ兄・宍道(しんじ)、漫画を描くのが趣
味の内向的な妹・清深(きよみ)と再会するが、澄伽の性格
は相変わらずで、家には次第にギクシャクとした空気が流れ
はじめる。和合家の嫁・待子はその奇妙な家族関係を訝るが、
それは4年前のある「出来事」に起因していた…

 傍若無人な姉と、その理不尽さにじっと耐える妹。いわく
ありげな兄と、その横暴な態度にも明るく献身的な妻。
 澄伽の言動に振り回される妹と兄夫婦のねじれた日常を、
ブラックユーモアとシリアスの狭間で綴っていく本作は、互
いに抱えている「燻り続ける火種」が「引火」して引き起こ
す様々な騒動と、その結果として訪れる「それぞれの再生へ
の旅立ち」を描く物語である。

 最後の最後まですっきりとは割り切れない「複雑」にして
「難解」な人間模様。家族・夫婦・姉妹という「枠」が衝動
的に壊されては、再び歪な形で固まるということを繰り返し
ながら、物語は「姉と妹」の相克のドラマへと収斂していく。

 衝撃的な事故現場の「原色」的ショットから一転、葬式と
いう「白黒」的なシーンへの移行は、姉(佐藤江梨子)の攻
撃的な「カラフルさ」に対する、漫画を心の拠り所とする妹
(佐津川愛美)の「モノトーン」という、視覚に訴える「有
彩色VS無彩色」の対立構図へと観るものを誘う。「漫画」
「手紙」「ポスト」をキーアイテムとして対峙する、姉妹の
心理的攻防戦。
 物語の舞台となる村の自然豊かな風景をはじめとする、ビ
ビッドな色彩が印象的な映像の中、その美しさとは裏腹に、
ある意味グロテスクでどこか痛ましくもある、そんな鬱々と
した姉妹の葛藤のドラマが「赤い便せん」と「白い画用紙」
を通して、画面の中にくっきりと浮かび上がる。

 一方、そんな重苦しくなりがちな家の中の空気を「撹拌」
し、映画の雰囲気を「浄化」する役割を果たすのが、兄嫁・
待子(永作博美)だ。複雑な事情を抱えた和合家にあって、
比較的ノーマルな立ち位置の彼女は、劇中唯一の陽性のキャ
ラクターで気さくな人柄だが、中々にピントがズレていて、
今ひとつ「周囲と噛み合わない」面白さは、演じる永作自身
が持つチャーミングな個性と相まって、「人間関係」のコン
トラストを強調すると同時に、この物語の「オアシス」的存
在である。前述に倣って例えるなら、彼女は「無色透明」だ
といえるだろう。
 東京から嫁いできた(その意味では澄伽とはきわめて対照
的だ)彼女は、元々は和合家の「外部」の人間だが、両親・
兄・姉妹が次々と「家を離れる」ことになるドラマ展開の中
で、結果的にこの「物語」を最後まで見届ける役目も担うこ
とになる。

 その待子が、まるでレフェリーのように見守る中、映画終
盤でついに迎える姉妹の最終対決。尖りすぎて却って芯がも
ろいことが露呈された澄伽と、鬱屈しているがゆえに意外な
パワーを内包している清深。「復讐」と「反撃」のめまぐる
しい逆転劇が、「痛快さ」と「痛々しさ」をも激しく反転さ
せる。

 それまで内向的な2次元の「モノクロ漫画」世界にいた清
深の変化=成長を、開放的な3次元の「カラー漫画」的手法
で映像化する、大胆かつポップな描写の破壊力がきわめて鮮
烈だ。
 しかし物語は、そこで二人に優劣や勝敗をつけて、安易で
予定調和なエンディングに落ち着くことを延々と回避し続け
る。この世に残された唯一の「血縁」として、その「リアル
な現実」は終わることなく続いていく。あたかも「壊れた扇
風機」の羽根が回り出すような、そんな都合のいい「奇跡」
的な解決などあり得ない、とでも言うように。
 すべてを吐き出し、捨て去り、それでも最後に残るもの。
姉妹はそれを持って「人生の第2ラウンド」へ向かって旅立
っていくのである。

 穏やかな陽射しに揺れるバスの中、やや長めのラストショ
ットは、まるでそれぞれのコーナーに分かれた選手が試合再
開を待つリングのようだ。そして始まりのゴングは、二人に
とって、歪んだ「福音の鐘」なのかもしれない。

d(>_< )Good!!(天動説 2013/02/20)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『ダブル・ミーニング Yes or No?』
Entry TAG
佐津川愛美   永瀬正敏  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top