【映画批評 過去記事から】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蛇イチゴ■2003/ヨーロッパビスタサイズ/108分
■制作:テレビマンユニオン
監督・脚本:西川美和
撮影:山本英夫
編集:宮島竜治
音楽:中村俊

出演:宮迫博之、つみきみほ、平泉成
   大谷直子、手塚とおる、絵沢萠子
   寺島進、蛍原徹、笑福亭松之助

 

 一見、ごく普通の家庭である明智家の人々は、実はそれぞ
れに鬱屈した思いを抱えていた。やがて、次第に家族関係に
軋轢が生じて来た時、曰く付きの兄が何年かぶりに家族の前
に現れる。

 日本全土の野原などに広く自生する「蛇イチゴ」は、あま
り食用としては好まれず、あまつさえその名前から「毒」が
あるのでは、という誤解も多いという。それは、どこか「人
間」にも通じるところがあるのではないだろうか。

 ずる賢い小悪党ながら、人が良くて大らかな兄と、聡明で
堅実的な性格ゆえに家族の中で逆に「浮いて」しまう妹。か
なりブラックコメディ的な世界観だが、そこから微妙にズレ
る感覚が面白い。軽薄さとシリアスさが同居する宮迫博之は、
芸人だから基本的に芝居が出来るというレベルを超えて素晴
らしい存在感。一方、急転直下の状況変化に翻弄されながら、
自分勝手な兄をどこか憎み切れずにいる妹の内面を、つみき
みほが力みのない演技で表現する。

 本当のことは誰にも判らないとしても、判ろうと努めるこ
とは出来るかもしれない。ラストショットのきらきらとした
蛇イチゴが、鮮やかに記憶に残る。             

(天動説:2010/10/21 )


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
【映画鑑賞記録】2011年11月分
Entry TAG
西川美和   宮島竜治  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
2017年公開 邦画10選 Jan 11, 2018
『勝手にふるえてろ』117分の恋愛的進化論 Jan 09, 2018
『ビジランテ』血の継承、あるいは悪魔祓いの挽歌 Dec 23, 2017
『探偵はBARにいる3』 Dec 09, 2017
『BRAVE STORM ブレイブストーム』 Nov 30, 2017
『若い貴族たち 13階段のマキ』 Nov 17, 2017
『TOKYO TRIBE トーキョー・トライブ』 Nov 07, 2017
『グラスホッパー』 Nov 06, 2017
『さよならドビュッシー』 Nov 05, 2017
『破裏拳ポリマー』 Nov 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
タグクラウド
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。