【映画批評 過去記事から】
■原題:Blues Brothers 2000
■1998/アメリカ/アメリカンビスタ/124分
■制作:ランディス/ベルツバーグ・フィルム
監督:ジョン・ランディス
脚本:ダン・エイクロイド、ジョン・ランディス
撮影:デイヴィッド・ヘリントン
振付:ポール・シェイファー
編集:デール・ベルディン
音楽:ポール・シェイファー
出演:ダン・エイクロイド、ジョン・グッドマン
   ジョー・モートン、J・エヴァン・ボニファント
   アレサ・フランクリン、キャサリン・フリーマン
   ジェームズ・ブラウン、B・B・キング
   エリカ・バドゥ、ニア・ピープルズ
   ザ・ブルースブラザース・バンド

18年ぶりに出所したエルウッドは、相棒のジェイクが世を
去っていた事を知り落胆するが、バンド再結成へ向けて、歌
手志望のバーテン、マイティ・マックを新たなメンバーに、
かつてのバンド仲間を召集する。
 恩師のマザー・メアリーから預かった孤児のバスターを連
れて、ブードゥーの妖女クィーン・ムセットが開催する勝ち
抜きバンド合戦に出演するため、バンドは一路、南部はルイ
ジアナを目指す。彼らを追いかける州警察の警官隊、因縁の
ロシアンマフィア、右翼の民兵集団。だが、エルウッドの育
ての親カーティスの私生児で警察本部長のケイブルは、ジェ
ームズ牧師の伝導集会で神の啓示を受けて音楽に目覚め、バ
ンドに加わることに。そしてバンド合戦当日、強敵ルイジア
ナ・ゲーター・ボーイズを相手に、新生ブルースブラザース
バンドの熱い演奏が展開する。

(。・ˇ_ˇ・。)ムム… (天動説 2013/05/3)

 18年後を舞台に描く正統な続編でありながら、本作は前
作の物語構造をそのまま踏襲する形になっていて、リメイク
的な側面も強い。新メンバーに加えて豪華なゲストミュージ
シャンの競演によるミュージカルシーンは、ベルーシの不在
という大き過ぎる穴を埋める素晴らしい出来映えで、その意
味では全編存分に楽しめる。

 しかし、前作が「孤児院存続の為にバンドで大金を稼ぐ」
というシンプルな設定だったのに比べると、本作はエルウッ
ドを軸に、マック、バスター、ケイブルという3つのドラマ
のラインが並行する雑然とした作劇で、バンド結成自体にも
取り立てて必然性がないことも相まって、全体にまとまりを
欠いた印象が否めない。ラストのJBのシーンも唐突で、蛇
足感あり。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『川の底からこんにちは』
Entry TAG
2013鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top