【映画批評 過去記事から】
壊音■2002年/DV/74分
監督・撮影・編集:奥秀太郎
音楽:大友良英・奥秀太郎
原作:篠原一
出演:小林愛、宮道佐和子、岡光実和子
   片山圭、中坪由起子、山ノ内奈穂子



 都内の私立中学校に通う三人、タキ、トト、ハジメは
ほんの好奇心から始めたドラッグに耽溺し、やがてそれ
は彼らの反抗期の不安定な精神状態と相まって過剰にエ
スカレートしていく。そんなある日、授業中にタキが病
院へ運ばれてしまう。トトとハジメの心の中で何かが変
化していく…。

 原作は第77回文學界新人賞を受賞した篠原一による同
名小説の映画化ということだが、本作で最も驚嘆させら
れ、また作品の特徴ともなっているのは、通常の「劇映
画」という約束事があらかじめ放棄されている、という
ことである。

 感覚に直接刺激を与えるような、ある種幻覚的なビジ
ュアルの連続、大友良英によるミニマルな「音響」音楽
のコラボレーションが、「私立中学校に通う三人の少年
たちの刹那的な行動を描く」という「物語」を、被写体
レベルに至るまでバラバラに解体する。主人公の3人の
少年を少女が演じ、ほとんどのセリフ(会話)をなくし、
ストーリーを語る「説話法」も大胆に無効化されている。

 劇映画として、破綻寸前まで分解/破壊されたドラマ
の破片をモザイクのように積み上げて作られた「何か」。
 かろうじて読み取れる物語、そこにおぼろげに表出す
る退廃的・破滅的なイメージの奔流の先に、一瞬取り戻
される「映画的」な記憶。廃校となる校舎の鮮烈な崩壊
シーン。現実と虚構の壁も壊して、「映画」は「ある世
界」が壊れ去る様子をひたすら凝視し続ける。

 どこかで何かが壊れていく。何かがどこかで壊れてい
る。しかし、すべてが壊れて消えてなくなるわけではな
い。その証拠に「映画」はここに存在している。
 溺れ続けるか、逃げ出すか、生き残るか。74分間、
「映画」は自問自答し、そして観客は挑発され続ける。

(天動説:2011/11/12)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『金髪の草原』 不可能恋愛をめぐる七日間
Entry TAG
大友良英  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
『ライトスタッフ』The Right Stuff Aug 14, 2017
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top