【映画批評 過去記事から】
傷だらけの天使■1997/ビスタサイズ/118分
■制作:TIMES IN=KNHO
監督:阪本順治
脚本:丸山昇一
撮影:笠松則通
照明:豊見山明長
編集:深野俊英
音楽:井上尭之
出演:豊川悦司、真木蔵人、原田知世
   類家大地、菅原文太、三浦友和
   宇崎竜童、余貴美子、杉本哲太




 行き当たりばったりの生活を送る探偵コンビ・満と久。と
うとう事務所をたたむことになった二人は、最後に受けた仕
事の成り行きから、ある幼い子供を、別れて暮らす母親の元
に届けることになってしまう…。

 一世を風靡した名作テレビドラマと同名ながら、作品のニ
ュアンスだけいただいた全く別の物語。
 「都市=都会」のイメージを周到に排除、東北の地方都市
と冬の風景を舞台に、主人公二人と彼等を取り巻く人々との
束の間の交流が描かれる。旅の中での出会いと別れ、すれ違
うのも他生の縁…あらゆる場面で彼等は「すれ違い」続ける。
 道を、部屋を、乗り物を挟んで、あるいは待ちぼうけを喰
らったりしながら、心情的にも物理的にもすれ違っていく。

 丸山昇一の脚本と阪本監督の演出による、セリフと映像そ
れぞれの「余白」を活かして表現される情感。長身でスリム
な豊川悦司が、五体を曲げ伸ばししながらフレーム内を空を
切って動く時、ちょっと訳ありでくせのある女性を、原田知
世がチャーミングに演じて、背筋を伸ばして悠然と歩き去る
時、映画はとてつもなく活き活きと輝きを放つ。

 タフでもないし、優しくもなれないけど、なんとか生きて
いける程度の資格ならある…ゆるゆると流れる時間はどこま
でも切なくて愛おしく、それ故に親しみを憶える。
 ラスト、再び彼等はすれ違う。さよならを言うのは、少し
の間死ぬこと、なのだ。     (2010/12/15 天動説)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『青春☆金属バット』泥だらけのボールと傷だらけのバット
Entry TAG
阪本順治   丸山昇一   原田知世   菅原文太  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
『オーバーフェンス』 May 05, 2017
『ブルーハーツが聴こえる』 May 01, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top