【映画批評 過去記事から】
青春金属バット■2006/ビスタサイズ/96分
■制作:ステアウェイ
監督:熊切和嘉
脚本:宇治田隆史/原作:古泉智浩
撮影:橋本清明
照明:大坂章夫
編集:張本征治
音楽:赤犬 主題歌:野狐禅
出演:竹原ピストル、安藤政信、坂井真紀
   上地雄輔、佐藤めぐみ、江口のりこ
   若松孝二、寺島進


 27歳の難馬は、高校野球で万年補欠、今も冴えない毎日を
送っている。究極のスイングを目指して、日々バットの素振
りは欠かさないが、偶然で出会った呑んだくれで傍若無人な
女・エイコに振り回され、いつしか「バット強盗」として追
われる身になってしまう。そんな彼らに目をつけた不良警官
の石岡は、かつて難馬と一緒に野球に打ち込んだ仲だった…



 かなり理不尽な毎日の状況の中で、内側に悶々と溜まって
いく抑圧された感情、それを振り払おうとするかのように、
フルスイングでバットを「振る」ことが難馬のアイデンティ
ティ。そんな彼と暴力的なエリコとの予期せぬ出会いは、二
人の人生のボールをイレギュラーバウンドさせる。地べたに
転がり、這いつくばり、グダグダとうごめく二人の、高さ地
上30センチの咆哮と彷徨。登場人物たちのもやもやした感
情が、絡みつくような映像と渾然一体となって、蒸し暑いく
らいに生々しい。
 ストーリーは暴投に次ぐ暴投、空振りに次ぐ空振り、度重
なるデッドボールと乱闘を経て、一発逆転のハデさもないま
ま、しかし晴れやかなノーゲームとして、青春のゲームはそ
の第1試合を終える。無理矢理火をつけた不完全燃焼の青春
は、もうもうと煙が立ちこめるばかりで目にしみる。これほ
ど爽やさに欠けた野球映画もないのではないかと思うが、人
生の試合はこれからまだまだ続くのであった。
(2010/12/10 天動説)
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『アイ マイ ミー マイン』  私が、私であるのなら。
Entry TAG
熊切和嘉   竹原ピストル   安藤政信   江口のりこ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top