【映画批評 過去記事から】
セイジ■2011年/アメリカンビスタ/108分
■制作プロダクション:キノフィルムズ
監督:伊勢谷友介
原作:辻内智貴
脚本:龜石太夏匡、伊勢谷友介、石田基紀
撮影:板倉陽子
美術:都築雄二・舩木愛子
照明:木村匡博
編集:西尾光男
音楽監督:渋谷慶一郎
出演:西島秀俊、森山未來、裕木奈江、新井浩文
   渋川清彦、滝藤賢一、庵原涼香/板東晴
   二階堂智、亀石征一郎、津川雅彦

【映画公式サイト】

 学生生活最後の夏休み。「僕」はひとり自転車旅行へ出か
けた。見知らぬ町をいくつも越えた頃、衝突事故を起こして
旧道沿いのとあるドライブインに辿り着く。
 寡黙だが心を捉える言葉をもつ店主のセイジと、そこに夜
な夜な集まってくる個性的な常連客に惹かれた「僕」は、い
つの間にか住み込みでは店で働く事になる。刺激的で楽しい
毎日の中、「僕」は自分の居場所を見つけたような気分だっ
たが、ある日、そんな平和な日常を吹き飛ばす凄惨な事件が
起きる。
d(>_<  )Good!!(2012/12/26)

 ある夏、「僕」が出会った寡黙な男・セイジ。彼とその周
囲の人々が織りなす日常の中に、人として生命としての「生
きる」ということの真意、ささやかな希望が綴られる。
 108分という時間の中で、登場人物がいずれも魅力的に描
かれて哀感溢れる作品。セイジ=西島秀俊、僕=森山未來は
文句なし、プレーンな魅力極まる裕木奈江、やんちゃで憎め
ない新井浩文、例によって飄々とした演技の渋川清彦ら俳優
陣も素晴らしい。極めつけは、子役の庵原涼香のナチュラル
な演技。この子なくしては、この映画は成立しなかったかも
しれない。

関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
『人生の特等席』Trouble with the Curve
Entry TAG
2012鑑賞   伊勢谷友介   渋川清彦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
『オーバーフェンス』 May 05, 2017
『ブルーハーツが聴こえる』 May 01, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top