【映画批評 過去記事から】
交渉人 真下正義■2005年/シネスコサイズ/127分
■制作プロダクション:ROBOT
監督:本広克行
脚本:十川誠志
撮影:佐光朗
編集:田口拓也
音楽:松本晃彦
出演:ユースケ・サンタマリア、國村隼、寺島進
   小泉孝太郎、高杉亘、松重豊、金田龍之介
   柳葉敏郎、水野美紀、西村雅彦、八千草薫

クリスマス・イブを雪乃(水野美紀)とデートするはず
だった警視庁交渉課準備室の真下(ユースケ・サンタマ
リア)は急遽呼び出されて、地下鉄最新鋭実験車両の乗
っ取り事件の犯人との交渉に挑むことになるが、事態は
思わぬ方向へ展開して行く。

d(>_<  )Good!!(2012/11/3)
関連記事
NEXT Entry
『贅沢な骨』
Entry TAG
2012鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top