【映画批評 過去記事から】
タナトス■2011年/ヴィスタサイズ/1時間41分
■制作プロダクション:レオーネ
監督・脚本・編集: 城定秀夫
原作:竹原慎二、落合裕介
撮影:田宮健彦
音楽:タルイタカヨシ
出演:徳山秀典、佐藤祐基、平愛梨
   渋川清彦、古川雄大、大嶋宏成
   大口兼悟、斉藤一平、白石朋也
   秋本奈緒美、升毅、梅沢富美男
【映画公式サイト→】

暴走族抗争の助っ人としてその日暮らしの生活費を稼ぐ孤独
な不良少年・リク。いつものようにケンカに加勢していた彼
は、偶然にも「西田ボクシングジム」所属のアマチュア・ボ
クサー、棚夫木と出会ってしまう。たった一発のパンチで、
腕に自信のあったリクを倒してしまう棚夫木は、プロとして
将来を有望視されながら、脳に障害を持つ理由から、日本で
のボクサー生命を絶たなければならなかった。初めてケンカ
に負けた悔しさから、「西田ボクシングジム」の門を叩き、
持ち前の“攻撃本能=タナトス”からボクサーとしての才能
を開花させていくリク。 一方、ジム会長の勧めから、メキ
シコでの再起を懸けたプロデビューを目指す棚夫木。目指す
道は違っても、拳で未来をつかみ取ろうとする意味でライバ
ルとなった、2人の想いが激しくぶつかり合う!

d(>_<  )Good!!(2011/12/31 蠍座)

ボクシング映画と青春映画が渾然一体となった快作。テンポ
よい語り口とさり気なく印象的な映像、単純なサクセススト
ーリーではない繊細なドラマ。主演二人の「眼」のチカラ、
トレーナー役の渋川清彦の軽妙さ、平愛梨の明るさが魅力。
関連記事
NEXT Entry
【映画鑑賞記録】2012年1月分
Entry TAG
2011鑑賞   城定秀夫   渋川清彦   蠍座  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top