【映画批評 過去記事から】
ある殺し屋■1967年/スコープサイズ/82分
■制作プロダクション:大映
監督:森一生
原作:藤原審爾
脚本:石松愛弘/増村保造
撮影:宮川一夫
照明:美間博
美術:太田誠一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
出演:市川雷蔵、野川由美子、成田三樹夫
   渚まゆみ、千波丈太郎、松下達夫
   小林幸子、伊達三郎、小池朝雄
小料理屋の主人・塩沢は高額な金で殺人を請け
負う殺しのプロという裏の顔を持っていた。暴
力団の幹部・木村の依頼で、敵対する組織のボ
ス・大和田を見事に仕留めた塩沢に、木村は弟
分にしてくれと近づく。 やがて塩沢の押しかけ
女房気取りの圭子と木村は色と欲で結びつき、
ある計画をを塩沢に持ちかける……

d(>_<  )Good!!(2015/08/24)
関連記事
NEXT Entry
『ドライブイン蒲生』
Entry TAG
2015鑑賞   森一生   市川雷蔵  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top