【映画批評 過去記事から】
スマグラー■2011/ビスタサイズ/114分
■制作:グラスホッパー!、ジャンゴフィルム
監督・脚本・編集・画コンテ:石井克人
脚本:山口雅俊、山本健介(原作:真鍋昌平)
撮影:町田博
照明:木村太朗
編集:野地さやか
音楽:中川俊郎、山口龍夫、加藤久貴、松下昇平
出演:妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子、我修院達也
   満島ひかり、安藤政信、テイ龍進、高嶋政宏


 役者志望のフリーター砧涼介は、夢に破れた上に多額の借
金を背負ってしまい、やむを得ず裏社会の金融屋・山岡が紹
介する秘密の運送屋「スマグラー」の仕事をする羽目になる
のだが……
 人生に行き詰って裏社会に足を踏み入れる羽目になった青
年・砧の人生逆転劇を、彼をとりまく百鬼夜行の人間たちの
抗争を交えて描くバイオレンス活劇。
 死体を運ぶような非合法の運送屋に舞い込んだ、ヤクザの
組長を殺害した「背骨」と呼ばれる伝説的な暗殺者を運ぶ仕
事。だが情に流された砧のミスからトラブルが発生、生きる
か死ぬかの瀬戸際に立たされた彼らは、一か八かの危険な賭
けに出る。

 本作は、宣伝イメージを鵜呑みにしていると見事に裏切ら
れること必至の、ハードでダークな世界観とシュールでブラ
ックなユーモアが渾然一体となった、きわめてデンジャラス
なエンタテイメントで、同監督が手がけた『鮫肌男と桃尻娘』
や『PARTY7』のようなポップでオフビートなスタイルが、よ
り濃密かつ高精度に錬成された、重厚感のある作品となって
いる。
 そのビジュアルの強さに負けず劣らず、メインの俳優陣も
それぞれの従来のイメージを越えた強烈な演技をみせて火花
を散らす。
 気の弱いキャラクターをどんどん変貌させて、地獄を突抜
けていく妻夫木聡、裏家業に生きる男をハードボイルドに演
じ切る永瀬正敏、キレにキレまくるイカレた狂気のキャラク
ターを驚異的な怪演でみせつける高嶋政宏、一癖ある裏家業
の元締めを怪しげに演じる新境地の松雪泰子、度胸と奸計に
長けた組長の妻をクールに演じ切る満島ひかり、そして、圧
倒的な無常観と妖しいまでの殺気をはらんだ殺し屋「背骨」
を演じる安藤政信。
 
 スローモーションとVFX/SFXを駆使した豪快かつ驚
愕のアクション&バトルシーン(安藤政信の「殺戮と苦悶の
ダンス」は必見)、緊張と緩和の繰り返しでみせるドラマと、
一撃必殺のクライマックス。いろいろな人物の思惑や欲望が
渦巻く作劇には一瞬たりとも油断できない。

 人の命を躊躇なく奪いながらも死への疑問と畏れという自
己矛盾を抱える「背骨」と、自己の存在性そのものに疑問と
締念を抱く砧。全く別の世界に行きながら、その内面はある
意味表裏一体ともいえる二人は、トラックの荷台で対峙した
瞬間から運命の回路が組み変わり、結果的に互いの「生」と
「死」を入れ替える。スマグラーたちはその運命を二人に運
んだのである。
 闇の中に堕ちかけながら、そこから抜け出した砧の爽快な
までの変貌ぶり、そこへ至る過程の「映画的トリック」には
賛否両論あるのではないかと思うが、ラストシーンにあふれ
る圧倒的な「光=希望」のイメージのまぶしさの前には、限
りなく些末なことに思えるのである。

(2011/10/31 天動説)


↓よろしければ御投票ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『僕たちは世界を変えることができない。』 今、僕たちにできること。
Entry TAG
石井克人   妻夫木聡   永瀬正敏   松雪泰子   満島ひかり   安藤政信  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO TRIBE トーキョー・トライブ』 Nov 07, 2017
『グラスホッパー』 Nov 06, 2017
『さよならドビュッシー』 Nov 05, 2017
『破裏拳ポリマー』 Nov 05, 2017
『青い青い空』 Nov 03, 2017
『バトルトラック』BATTLE TRUCK/WARLORDS OF THE 21ST CENTURY Nov 02, 2017
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top