【映画批評 過去記事から】
 2011年10月に観た映画を記録しています。下に
行くほど日付は古くなります。とりあえず観た映画のリ
ストなので、良いと思った作品も、不満を感じた作品も
併記しています。良いと思ったものは後日、別エントリ
で批評を書き起こし、該当記事へリンクを貼ります。
d(>_< )Good!!(。・ˇ_ˇ・。)ムム… のマークは、これのみで
「作品の絶対的評価」を意味するものではなく、個人的
な作品感想を分類することを目的とするものです。



スマグラー『スマグラー おまえの未来を運べ』
■2011/ビスタサイズ/114分
■制作:グラスホッパー!、ジャンゴフィルム
監督・脚本・編集・画コンテ:石井克人
脚本:山口雅俊、山本健介(原作:真鍋昌平)
撮影:町田博
照明:木村太朗
編集:野地さやか
音楽:中川俊郎、山口龍夫、加藤久貴、松下昇平
出演:妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子、我修院達也
   満島ひかり、安藤政信、テイ龍進、高嶋政宏

 宣伝イメージを鵜呑みにしてたら、裏切られること必至の
『鮫肌男と桃尻娘』や 『PARTY7』を期待してたら「痛い
目」をみるハードでダークでデンジャーな活劇」。突抜けた
妻夫木、激渋の永瀬、イカレた高嶋兄、新境地の松雪、また
やってくれた満島、そして、おかえり安藤政信!

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.31)

ザマジックアワー『ザ・マジック・アワー』
■2008年/ヴィスタサイズ/136分
■制作プロダクション:シネバザール
監督・脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
照明:小野晃
美術:種田陽平
編集:上野聡一
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里
   綾瀬はるか、西田敏行

d(>_< )Good(2011.10.29)




君に届け『君に届け』
■2010年/アメリカンビスタ/カラー/124分
■制作:日活撮影所=ジャンゴフィルム
監督:熊澤尚人
脚本:根津理香、熊澤尚人 原作:椎名軽穂
撮影:藤井昌之
照明:舘野秀樹
編集:高橋信之
音楽:安川午朗
出演:多部未華子、三浦春馬、蓮佛美沙子、夏菜、桐谷美玲
   青山ハル、金井勇太、ARATA、勝村政信、富田靖子(特別出演)

●映画批評→
d(>_< )Good(再 2011.10.28)




はやぶさ『はやぶさ/HAYABUSA』
■2011/シネスコサイズ/140分
■製作プロダクション:アグン・インク
監督:堤幸彦
脚本:白崎博史、井上潔
撮影:唐沢悟
照明:舘野秀樹
編集:伊藤伸行
音楽:長谷部徹
出演:竹内結子、西田敏行、高嶋政宏、佐野史郎、山本耕史
   鶴見辰吾、筧利夫、市川実和子、甲本雅裕

2時間30分あっという間の良質エンターテイメント。史実
の中に絶妙なサジ加減でフィクションを加える手法が、極め
て映画的に成功していると思います。竹内結子さんのマニア
っぷりも良かったです。

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.11.28)




僕たちは世界を変えることができない『僕たちは世界を変えることができない。
But, We wanna build a school in Cambodia.』

■2011/ビスタサイズ/125分
■制作: セントラル・アーツ 
監督:深作健太
脚本:山岡真介 (原作:葉田甲太)
撮影:鈴木一博 照明:岡元みゆき
編集:洲崎千恵子
音楽:津島玄一
出演:向井理、松坂桃李、柄本佑、窪田正孝
   村川絵梨、黒川芽以、阿部寛

 等身大の、現代に生きる若者たちの熱くてカッコワルくて
でも清々しい青春物語が全編にわたって貫徹された好篇。ド
キュメンタリ的撮影手法も効果的。出演している俳優がすべ
てキチッと映画の中に生きていた。大学教授 (阿部寛)、バ
ーのマスター(リリー・フランキー)、デリヘル嬢(黒川芽
以!)、甲太の元恋人(江口のりこ)など、短いシーンなが
ら印象深かった。あとやっぱりカンボジアの子供たちが可愛
い!あまりにそのまんまのタイトルの愚直なまでの誠実さが、
この映画を的確に表現している。

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.26)




ア・ホーマンス(B)『ア・ホーマンス』
■1986年/ヴィスタサイズ/99分
■制作:東映、キティフィルム
監督:松田優作
脚本:丸山昇一、松田優作(原作:狩撫麻礼、たなか亜希夫)
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
編集:冨田功
音楽:奈良敏博、羽山伸也 主題歌:「AFTER'45」ARB
出演:松田優作、石橋凌、手塚理美、阿木燿子、平沢智子
   剛州、加藤善博、伊藤洋三郎、ポール牧、小林稔侍

毎年最低1回は観るマイ・フェイヴァリット・ムービー。何
度観ても面白いし刺激的。観直すたびに映画が「新しく」感
じられる。

d(>_< )Good(再 2011.10.24)




天河伝説殺人事件『天河伝説殺人事件』
■1991年/アメリカンビスタ/109分
■制作プロダクション:
監督:市川崑 原作:内田康夫
脚本:久里子亭、日高真也、冠木新市
撮影:五十畑幸勇
照明:下村一夫
編集:長田千鶴子
音楽:宮下富実夫、谷川賢作
出演:榎木孝明、岸恵子、日下武史、岸田今日子
   財前直見、神山繁、岸部一徳、大滝秀治
   加藤武、奈良岡朋子、伊東四朗、石坂浩二:

(。・ˇ_ˇ・。)ムム… (再 2011.10.23)



一命『一命』
■2011/シネスコサイズ/3D(2D)/126分
■制作:セディックインターナショナル
監督:三池崇史
脚本:山岸きくみ(原作:滝口康彦)
撮影:北信康
照明:渡部嘉
編集:山下健治
音楽:坂本龍一
出演:市川海老蔵、瑛太、満島ひかり
   青木崇高、新井浩文、波岡一喜
   中村梅雀、竹中直人、役所広司

 感情も想像力も喪失して存命することだけに執着する歪ん
だ「体制」に痛烈な一撃を喰らわせる海老蔵の迫力。哀切あ
ふれる物語、その全編に漂う緊張感と圧倒的なエモーション。
クライマックスの殺陣も素晴らしい。2Dで観たが、全体的
に画が深くて、3D用に画面構成してあるので十分立体的。

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.21)




春との旅『春との旅』
■2010年/アメリカンビスタ/134分
■制作プロダクション:ラテルナ、モンキータウンプロダクション
監督・脚本:小林政広
撮影監督:高間賢治
照明:上保正道
編集:金子尚樹
音楽:佐久間順平
出演:仲代達矢、徳永え、大滝秀治、菅井きん
   小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明
   美保純、戸田菜穂、香川照之:

 疎遠だった親族を訪ね歩く祖父とその孫娘。始めはギクシ
ャクとした二人の旅は、次第に穏やかで優しいものに変化し
ていく。別れた父と娘の再会、物語の最高潮としてのそば屋
のシーンはエモーションに満ちて素晴らしい。ただ、ラスト
シーンにはやや不満が残った。

d(>_< )Good(2011.10.15)




インシテミル 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』
■2010年/アメリカンビスタ/107分
■制作プロダクション:ツインズジャパン
監督:中田秀夫
脚本:鈴木智 原作:米澤穂信
撮影:林淳一郎
照明:磯野雅宏
編集:高橋信之
音楽:川井憲次
出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、武田真治、阿部力
   平山あや、石井正則、大野拓朗、片平なぎさ、北大路欣也

(。・ˇ_ˇ・。)ムム… (2011.10.14)




鬼火『鬼火』
■1996年/アメリカンビスタ/101分
■制作プロダクション:GAGA PRODUCTIONS、エクセレントフィルム
監督:望月六郎
脚本:森岡利行 原案:山之内幸夫
撮影:今泉尚亮
照明:櫻井雅章
編集:島村泰司
音楽:神尾憲一
出演:原田芳雄、片岡礼子、哀川翔、北村康
   奥田瑛二、水上竜士、速水典子、山之内幸夫

d(>_< )Good(蠍座 2011.10.14)




寝盗られ宗介『寝盗られ宗介』
■1992年/ヴィスタサイズ/106分
■制作プロダクション:
監督:若松孝二
原作・脚本:つかこうへい
撮影:鈴木達夫
照明:安河内央之
編集:鈴木歓
音楽:宇崎竜童
出演:原田芳雄、藤谷美和子、久我陽子、筧利夫
   山谷初男、岡本信人、佐野史郎、吉行和子

d(>_< )Good(蠍座 2011.10.14)




あしたのジョー『あしたのジョー』
■2010/シネスコサイズ/131分
■制作:OXYBOT
監督:曽利文彦
脚本:篠崎絵里子(原作:高森朝雄、ちばてつや)
撮影:橋本桂二
照明:石田健司
編集:州崎千恵子
音楽:高橋哲也、北里玲二
出演:山下智久、香川照之、伊勢谷友介
   香里奈、勝矢、杉本哲太、津川雅彦
 シネスコサイズの画面に滲む闘志と飛び散る汗。鍛え上げ
た肉体、美術セットのリアリティ、俳優陣の圧倒的な「目の
表情」の素晴らしさ。試合の迫力は言うまでもなく、ジョー
という青年を軸に展開する、緩みのないストイックなドラマ
が見応えあり。

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.12)




冷たい熱帯魚『冷たい熱帯魚』
■2010/ビスタサイズ/146分
■制作:ステアウェイ
監督:園子温
脚本:園子温、高橋ヨシキ
撮影:木村信也
照明:尾下栄治
編集:伊藤潤一
音楽:原田智英
出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか
   神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲

 日常を浸食していく超絶的な正真正銘の狂気。しかしその
「日常」には、すでに狂気が破裂寸前で潜んでいるという怖
さ。空前の殺人鬼・でんでんを遥かに超越する吹越満の突抜
けた狂気が、46億年の時を一瞬で終わらせる。愛すら凍り
付く戦慄の惨劇。

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.12)




エイリアンVSニンジャ『エイリアンVSニンジャ』
■2010年/ヴィスタサイズ/80分
■制作プロダクション:ノース・シーケーワイ
監督・脚本・編集:千葉誠治
アクション監督:下村勇二、園村健介
撮影:工藤哲也、植松亮
照明:藤田貴路
音楽:諸橋邦行
出演:三元雅芸、柏原収史、肘井美佳、土平ドンペイ
   小越勇輝、樋浦勉

d(>_< )Good(2011.10.11)




インセプション『インセプション』INCEPTION
■2010年/アメリカ/シネマ・スコープ/150分
■制作プロダクション:シンコピー
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
撮影:ウォーリー・フィスター
VFX:クリス・コーボールド
編集:リー・スミス
音楽:ハンス・ジマー
出演:レオナルド・ディカプリオ、 渡辺謙
    エレン・ペイジ、マリオン・コティヤール

 記憶と感情の順列組み合わせが「夢」である、という
概念のもと、幻惑的に展開する虚構と現実とが巧妙に混
在した世界。その論理思考のややこしさに垂直に突き刺
さる家族愛と情感。
 時空間を自在に操る映像表現の意外性は、映画ならで
はというより、まさに映画そのものの面白さ。夢を観る
ことは映画を観ることにきわめて似ている。

d(>_< )Good(2011.10.10)




パートナーズ『パートナーズ』
■2010/ビスタサイズ/119分
■制作:近代映画協会
監督:下村優
脚本:荒井晴彦、井上淳一
撮影:浜田毅
照明:長田達也
編集:渡辺行夫
音楽:根岸貴幸
出演:浅利陽介、大塚ちひろ(現・大塚千弘)
   近藤里沙、村田雄浩、川上麻衣子、根岸季衣
   熊谷真実、夏八木勲 ヘレナ(盲導犬)

 盲導犬訓練士の青年と、犬を育てるパピーウォーカーの家
族、事故で失明したロックシンガーの女性が、一匹の盲導犬
チエを通じて、それぞれが自立・交流・再生していく物語。
 3つの物語が並行しつつも、互いに重なり合いながら丹念
に紡がれていく。子犬の誕生から盲導犬となるまでの時間経
過を同軸に、それぞれの視点から物語が並行して描くという
のはちょっとした離れ業だと思う。また、チエ役の犬の演技
(撮影と編集含む)が素晴らしい。

d(>_< )Good(2011.10.09)




コンタクト『コンタクト』
■1997年/シネマスコープサイズ/153分
■制作プロダクション:サウスサイド・アミューズメント・カンパニー
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ 原作:カール・セーガン
撮影:ドン・バージェス
編集:アーサー・シュミット
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演:ジョディ・フォスター、マシュー・マコノヒー
   ジョン・ハート、ジェームズ・ウッズ、トム・スケリット

d(>_< )Good(再 2011.10.08)




DOGPOLICE『DOGXPOLICE 純白の絆』
■2011年/ヴィスタサイズ/104分
■制作プロダクション:制作プロダクション:ツインズジャパン
監督:七高剛
脚本:大石哲也 原案:小森陽一
撮影:斉藤幸一
照明:豊見山明長
編集:松尾浩
音楽:佐藤直紀
出演:市原隼人、戸田恵梨香、村上淳、カンニング竹山
   阿部進之介、矢島健一、堀部圭亮、小林且弥
   本田博太郎、松重豊、時任三郎

(。・ˇ_ˇ・。)ムム… (2011.10.03)




GIRLS LIFE『Girl's Life』
■2009年/ヴィスタサイズ/83分
■制作プロダクシ:リンクライツ
監督・撮影:大塚祐吉
脚本:水上竜士
照明:根本健一
録音:高島良太、畑幸太郎
音楽:野島健太郎
出演:桜井莉菜、加賀美早紀、石原あつ美、細貝圭
   松田ケイジ、木村圭作、川本淳市、渡辺哲

 家族に見放され、彼氏にも裏切られ、勢いだけで上京して
きた一之瀬ハルカは仕事を見つけようと面接を受けるも、派
手な金髪に個性的なファッションという世間知らずでマイペ
ースな彼女を雇ってくれるところはなかった。偶然見つけた
求人の貼り紙にすがる思いで、キャバクラの世界に飛び込ん
だハルカだったが…
 もっとチープでチャラチャラした映画かと思いきや、意外
と面白かった。思い切りのいい編集と桜井莉菜の好演で、一
人の女性の出逢いと友情、サクセスの過程がカラフル&ポッ
プに描かれ、思いがけない感動が生まれるハートウォームな
佳作。

d(>_< )Good(2011.10.02)




ゴールデンスランバー『ゴールデンスランバー』
■2010年/ビスタサイズ/139分
■製作プロダクション:スモーク 
監督・脚本:中村義洋
脚本:林 民夫 鈴木謙一 原作:伊坂幸太郎
撮影:小松高志 
照明:蒔苗友一郎
編集:阿部亙英 
音楽:斉藤和義 
出演:堺雅人、竹内結子、香川照之、吉岡秀隆
   濱田岳、劇団ひとり、渋川清彦、ソニン
   貫地谷しほり、柄本明、永島敏行、伊東四朗

●映画批評→
d(>_< )Good(2011.10.01)




↓よろしければ御投票ください。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村

関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
映画批評『うさぎドロップ』 気持ちと距離の相関関係。
Entry TAG
木村圭作   2011鑑賞  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『TOKYO NOIR トウキョーノワール』 Aug 13, 2017
『いぬむこいり』 Aug 12, 2017
『サタデー・ナイト・フィーバー』 Aug 02, 2017
『トンネル 闇に鎖された男』 Aug 02, 2017
『アサシン 暗・殺・者』 Jul 31, 2017
『近キョリ恋愛』 Jul 31, 2017
ペ・ドゥナ(女優)フィルモグラフィ Jul 31, 2017
『極道大戦争』 Jul 30, 2017
『ロックンローラ』 Jul 29, 2017
『心が叫びたがってるんだ。』 Jul 29, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top