【映画批評 過去記事から】
■1996年/アメリカンビスタ/101分
■制作プロダクション:エクセレントフィルム
監督:望月六郎
脚本:森岡利行
原案:山之内幸夫
撮影:今泉尚亮
照明:櫻井雅章
編集:島村泰司
音楽:神尾憲一
出演:原田芳雄、片岡礼子、哀川翔、北村康
   奥田瑛二、水上竜士、速水典子、山之内幸夫

かつて“火の玉”と呼ばれ、極道社会でその名を馳せたヒッ
トマン・国広。刑期を終えて戻ってきた彼は一度は極道の世
界から足を洗うと決めたものの、因果が巡って裏の世界に舞
い戻ることに。ある夜、クラブのピアノ弾きの麻子と知り会
った国広は、彼女から「殺したい男がいる」と告げられる。

d(>_<  )Good!!(2011.10.14 蠍座
関連記事
NEXT Entry
映画批評『一命』  儚きものたち、その守るべきもの。
Entry TAG
2011鑑賞   蠍座  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ユリゴコロ』 Oct 12, 2017
『スクランブル』Overdrive Oct 12, 2017
『散歩する侵略者』 Oct 12, 2017
『きみの声をとどけたい』 Sep 04, 2017
『世界は今日から君のもの』 Aug 31, 2017
『ベイビー・ドライバー』 Aug 30, 2017
『海辺の生と死』 Aug 30, 2017
『獣道』 Aug 24, 2017
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』 Aug 18, 2017
『ジンクス!!!』 Aug 14, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top