【映画批評 過去記事から】
チャイニーズ・ブッキーを殺した男原題:The Killing of a Chinese Bookie
■1976/アメリカ/ヴィスタサイズ/ 135分
監督・脚本:ジョン・カサヴェテス
撮影:フレデリック・エルムズ
   マイク・フェリス、アル・ルーバン
美術:フェドン・パパマイケル・シニア
編集:トム・コーンウェル
音楽:ボー・ハーウッド
出演:ベン・ギャザラ、ティモシー・アゴリア・ケリー
   シーモア・カッセル、アジジ・ジョハリ
   メーダ・ロバーツ、アリス・フリードランド
   アル・ルーバン

コズモ・ヴィテリは、場末のストリップクラブクレイジー・
ホースのオーナー。店は小さいながらも繁盛している。高利
貸しからの借金を返済し、街へ出たコズモだったが、ポーカ
ー賭博に大負けして、マフィアに借金を作ってしまう。返済
できないコズモに、マフィアは借金を帳消しにする話を持ち
かけた。それは暗黒街のボス、チャイニーズ・ブッキーの殺
害計画だった。

d(>_<  )Good!!(2016/12/08)
関連記事
NEXT Entry
『神田川淫乱戦争』
Entry TAG
2016鑑賞   ジョン・カサヴェテス  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
『大阪極道戦争 しのいだれ』 Jun 04, 2017
『光』 Jun 01, 2017
『TOKYOデシベル』 May 30, 2017
『エミアビのはじまりとはじまり』 May 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top