【映画批評 過去記事から】
ヒアアフター原題:HEREAFTER
2010年/アメリカ/シネマスコープサイズ/129分
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ピーター・モーガン
撮影:トム・スターン
編集:ジョエル・コックス
   ゲイリー・D・ローチ
音楽:クリント・イーストウッド
出演:マット・デイモン
   ブライス・ダラス・ハワード
   セシル・ドゥ・フランス
   フランキー・マクラレン
   ジョージ・マクラレン


 かつて、死者と会話出来る霊能力者として活動していたジ
ョージ、臨死体験を周囲から理解されずに孤立するニュース
キャスターのマリー、双子の兄の死を受け止め切れず、孤独
感に苛まれる少年・マーカス。まったく違った人生を生きて
いた彼らだったが、それぞれの「答え」を求める過程の中で、
互いの運命が導かれるように次第に触れ合っていく。

 誰にでも等しく訪れる「死」という現実。死とは一体何な
のか? 死んだら人はどうなってしまうのか?そして生き残
った者はどうやってその現実を乗り越えていけばいいのか。
 「死」に直面することで、その命題に向き合うことになっ
た3人の、生と死を巡る小さな奇跡の物語。

■映画は冒頭、穏やかな白昼のリゾート・ビーチに突如遅い
かかる大津波の猛威を、圧倒的な迫力で描き出す。VFXを
駆使して克明に描写される非現実的光景、抗い切れない災害
の恐怖。人は「死」といつでも隣り合わせなのだ、という痛
烈なるメッセージ。
 「アメリカ映画の歴史を再現する映画監督」であるイース
トウッドは、数多存在する「ディザスター(災害パニック)
映画」というジャンルに対して、「俺ならVFXをこう使う
よ。」と言わんばかりに、件のシーンを物語の中に違和感な
く繋ぎ込んでみせる。このインパクトある導入部で観客の心
をがっちりと掴んで、映画は静かに物語を語り始める。

■死者の声を聴く男、死を経験した女、死に遭遇する少年。
 登場人物それぞれの身の上に起こる現実と状況の変化が、
淡々と描かれていく3つのエピソード。その語り口はきわめ
て理性的で無駄がない。物語後半で3人はまさに「運命的」
な交錯をするが、それも驚くほどさりげなくナチュラルに描
かれ、必然か偶然か、といった類いの問いも終始、無効化さ
れている。
 本作品のテーマであり、特徴的キーワードである「スピリ
チュアリティ=霊性、精神性」。このジャンルの映画にはじ
めて(以前から「幽霊」的なモチーフは頻繁に使われている
が)ストレートに斬り込むイーストウッドだが、冒頭のVF
X主体の構成から一転、こちらは「霊界との交信」を効果音
とイメージショットを短く挟むだけの抑制された表現に留め
て、一切のエキセントリックな表現を画面から排除する。
(その表現方法はジョージの「能力に対するスタンス」とも
見事なまでに合致する)
 そして「霊との交信」を再三描きながらも、その「真偽」
について、映画は肯定も否定もしない。従っていかなる場面
においてもジョージの能力は何ら「特権的」に使われること
はなく、あくまで「人と人をつなぐ」ためのひとつのツール
でしかない。ただ「そこで起こったこと」のみをカメラは映
し出し、そのことを信じるか信じないかはすべて「観客」に
委ねられる。

■前述の「アメリカ映画を再生する」という意味では、本作
は実に多様な映画スタイルを横断する。
 まず、作品自体のルックスが、従来のイーストウッド的な
「地方都市の風景」ではなく、極めて現代的な都市イメージ
を持っていて、3人の主要エピソードはそれぞれ、パリ、ロ
ンドン、サンフランシスコを舞台にして描かれる。そしてそ
れぞれが「フランス映画」「イギリス映画」「アメリカ映画」
のニュアンスを醸し出している。
 さらに、今や「アメリカ映画の歴史=その重要な一部」と
いえる「自作」からも、映画的趣向・テイストが貪欲にフィ
ードバックされている点も見逃せない。マーカスのパートが
『ミスティック・リバー』を、ジョージのパートが『ミリオ
ンダラーベイビー』を、マリーのパートが『チェンジリング』
を、それぞれ(互いを補完し合いながら)「救済する」よう
な形にも見える。
 そして極めつけは、観る者の予想を超える、ハートウォー
ムな「王道の恋愛映画」としての側面。「料理教室」シーン
でのチャーミングな演出の意外性、それを飄々とこなすイー
ストウッド。その驚くほど豊かな「映画力」こそ、「スピリ
チュアル」だといえるのかもしれない。

■「死」について考えることは必然的に「生」を考えること
である。 『ヒア アフター』はその終わりのない大いなる命
題を我々に問う「心の物語」である。ジョージ自身が吐露す
るように、彼の能力自体には「大きな意味」はない。世界を
災害やテロから救うことはできないし、死者の声を聞けても、
その死を食い止められるわけでもない。「それだけ」では何
も解決しないただの「力」を、意味のあるものに変えるのは、
何かを信じようとする「人の意思」である。
 状況に翻弄され迷走しながらも「決して立ち止まらず歩き
続けていく「意思」さえあれば、人はきっと何処かに辿りつ
く。それが「運命」か「偶然」かは、極論どらちでも構わな
い。そして「歩み続けること」は、まさに「生きていく」こ
とそのものと言える。

■何年かヘヴィなテーマが続いていたイーストウッド作品は、
『グラントリノ』、それに続く『インビクタス』で、再びシ
ンプルで明朗な物語性に回帰してきた。曇天と荒涼の世界か
ら青空が眩しい世界へ。
 今回も、実質的にはヘヴィなテーマを掲げつつも、映画自
体は真摯であると同時に驚くほど軽やかで、その独自の存在
感を放つ作品の魅力に、あらためて感嘆するほかない。
 イーストウッド作品に対する、固まりかけた既成のイメー
ジを、新しい試みで自ら大胆に打破してみせる本作は、正に
イーストウッド映画の「ヒアアフター(これからの行く先)」
なのではないだろうか。

(天動説:2011/2/2 試写会にて)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
関連記事
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
【映画鑑賞記録】2011年2月
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
Maps
PROFILE

gadget9007

Name:竹澤収穫



 邦画が中心の映画批評人。
物語そのものより、映画にお
ける「映像表現」の面白さを
重視しています。映画の採点
評価はしません。
 コメント、トラックバック
もお待ちしております。
●連絡先 →

COCO

ACCESS
最新記事一覧
『キング・アーサー』 Jul 13, 2017
『22年目の告白−私が殺人犯です−』 Jul 07, 2017
『美しい星』 Jun 30, 2017
『バンコクナイツ』 Jun 30, 2017
『ダブルミンツ』 Jun 24, 2017
『武曲 MUKOKU』 Jun 24, 2017
『TAP THE LAST SHOW』 Jun 21, 2017
『花戦さ』 Jun 20, 2017
『無限の住人』 Jun 10, 2017
『あん』 Jun 05, 2017
全記事表示リンク
検索フォーム
ブログ内ランキング
ブログパーツ

Page Top